MENU

10万キロのクルマは下取りが安い理由

 

 

 

10万キロ乗った車は、絶対といっていいほど下取りには出してはいけません。

 

 

 

といのも、下取りというのは「新車を値引き」する際に使うもので、下取りで出されたクルマはディーラー系列のお店にな並ぶ事がほとんです。

 

普通の買取店であれば、そのまま業者間のオークションに出されていきます。

 

 

ディーラー下取りの場合は、メーカーで決められた査定表みたいなものがあり、一定の決まった金額でしか買い取ってもらえず、あまり高額なモノにはなりません、

 

ですので、10万キロも乗った車にはあまり価値がないことが多いですし、あまり売れない車を置いていても無駄な在庫を置くことになるので、下取りではそういうクルマは好まれません。
それゆえに、あまり高額な買取額は望めないのです。

 

 

だったら、初めから下取りに出すのではなく、買取専門店に査定を依頼したほうがかなり買取額に差が出ると思われます。

 

 

 

買取専門店は、買い取った車を業者間のオークションに出す他にも、多くの流通経路を持っているのでたとえ10万キロを超えた車であっても買い取ってもらえる
可能性は高いです。

 

さらに言えば、一括無料査定を利用して、複数社に査定をしてもらえば更に高額な査定額が期待できます。

 

ぜひ、一括査定を有効活用して現在の車を高値で買い取ってもらいましょう!

 

 

 

一番のオススメは「かんたん車査定ガイド」というサイトです!

 

 

株式会社「エイチーム」〜かんたん車査定ガイド〜

 

買取大手「ガリバー」や「アップル」が参加!

 

CMでも有名な、ガリバーやアップルなど大手が数多く参加する超有名一括査定サイトです。

 

このサイトの利点は、申し込み時の入力も簡単で、入力後は愛車の大体の査定額まで算出してくれる所。
最大同時に10社からの査定が可能です。

 

まだ、売るかどうか決めかねている方でも気軽に申し込めますし、本気で今すぐ車を売りたい方でももちろんOKです。