A610万キロ買取相場

MENU

A610万キロ買取相場

アウディA610万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜290万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのA6でも高く買取してもらうには?

 

日本ではA4以下のモデルがよく売れているようですが、それしか売っていないわけではなく、本国同様の高級モデルも販売されています。
その1つがA6シリーズです。
A6シリーズはエントリーモデルのA4と最上級モデルとなるA8の中間的なモデルで、メルセデスベンツでいうところのEクラス、BMWでいうところの5シリーズと同じ車格を持ちます。

 

高級感たっぷりで装備も充実しているので他の輸入車同様にたくさん売れているのかと思ってしまいますが、はっきり言ってあまり売れていません。

 

そうなる最大の理由がライバル車があまりに強力だからです。
先ほども言いましたとおり、A6と同じクラスには、メルセデスベンツのEクラスやBMWの5シリーズがいます。
どちらも輸入車として非常に有名ですし、実際の販売台数もかなり多いモデルです。
デザインや高級感、先進的な装備などもかなり充実していますが果たしてこのレベルにアウディが付いていけているのかということです。
はっきりいってA6ではこれらのライバル車に太刀打ちできないでしょう。
そもそもアウディという自動車メーカーはドイツの大衆自動車メーカーであるフォルクスワーゲンの子会社で、その中で高級車部門として扱われていても、高級車を作ることが苦手なのです。
資金だけは豊富にありますが技術がそれにおいて付いていないといったような感じで、技術も資金力もマーケティングも上手なダイムラーとかBMWが作る車には負けてしまいます。

 

市場においてもアウディがいくら同じクラスの車だからといってもそういったようには受け取れず、結局はEクラスにするか5シリーズにするかということを悩むことになります。
これがA6が日本で売れていない1つの理由で、新車市場のみならず、中古車としての需要もほとんどありません。
新車が売れていないので中古車市場にもほとんど入ってこないのでバランスは取れていますが、価値としては低くはありませんがEクラスや5シリーズのような高い価値はなく、買取金書きもあまり期待できません。

 

10万キロ走行のものはどうかというと、輸入車にとって走行距離が延びるということは見た目がどうだということよりも故障を起こす可能性が高いことを意味します、
それでも最近は安くなりましたが、故障をすれば輸入車ならではの高額な修理費用がかかるわけですし、部品が国内にない場合は部品が入荷するまで相当待たされることになります。
こういったリスクが高くなるといっていい10万キロ走行車は価値も低くなり、買取金額も安くなりがちです。
2.8モデルが3年落ちで220万円ぐらい5年落ちで150万円ぐらい、3.0モデルが3年落ちで290万円ぐらい5年落ちで220万円ぐらいというのが相場です。

 

この金額をさらに高めるには今さら何をしても無駄ですので売る場所を選ぶしかありません。
一般の買取店でもいいですが、こういったマイナーな輸入車はあまり買いたがらないので買取金額もかなり安くなってしまうでしょう。
それなら輸入車に詳しい輸入車を専門に扱う中古車販売店で売った方がいいと思います。