アルトラパン10万キロ買取相場

MENU

アルトラパン10万キロ買取相場

スズキアルトラパン10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜60万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのアルトラパンでも高く買取してもらうには?

 

アルトラパンは2002年から発売されているいわゆる女性専用モデル、当初は車名ごとくアルトをベースにして作られていたものだったのですが、広いキャビンを必要としたため、2代目モデルからはアルトではなく一回り大きなワゴンRを使って作られるようになりました。

 

女性ドライバーというのは走行性能とか動力性能といったものはほとんど気にせず、外観やインテリア、使い勝手、燃費などを重視した車選びをします。
これは男性が車を選ぶ時と比べると大きな違いがあることから、こういった女性専用モデルが必要になるわけです。

 

特に外観、これは個人的な好みもありますが、男性はそれなりのデザインであれば文句はいませんが、女性はいくつになっても可愛いデザインが好きなようで、先代アルトのような無難なデザイン、ワゴンRのようなちょっと勇ましいデザインはあまり好みません。
逆に動力性能や走行性能などは全く気にせず、初代モデルと2代目モデルではNAエンジンとターボエンジンが用意されていましたが、受注のほとんどがNAエンジンモデルであったり、現行モデルがNAエンジンモデルだけとなっているのもそれが理由だったりします。
もちろんNAエンジンの方が女性ドライバーが唯一気にする性能、燃費性能が優れているのでそういった理由もあります。

 

ただアルトラパンのようなモデルは、新車需要、中古車需要を下げる要因も持ち合わせています。
特に現行モデル、3代目となるモデルを見るとよくわかるのですが、このモデルは自動車メーカー側が特に指定しているわけではありませんが、車の作りやCMなどの販売戦略を見れば、おのずと買ってもらいたいターゲット層がわかります。
間違っても男性や女性でも中年齢層が乗る車ではないでしょう。

 

たまにそういったことなど全く考えていないのか、わかっていても無理して乗っているのか分かりませんが、男性ドライバーが運転していたり、子育てを終えたぐらいの中年齢層以上の女性が運転しているのを見かけることがありますが、そういった方は一部の方で、やはり自動車メーカーが狙った通りの方に乗られていることが多いようです。

 

ということは男女問わず18歳から70歳以上の高齢者ドライバーまでの方に買われる可能性があるのではなく、性別も年齢層もかなり狭い範囲の方を対象として売っている車であるということになるわけです。
これだけでも需要の少なさがわかります。

 

しかし、これがまたどういうわけか中古車需要が高くなっているのが不思議です。
そのため、新車の台数がおのずと少なくなってしまう中で、中古車市場に入ってくる台数も少ないうえで、需要が高まるということになり、中古車市場としての価値は他の軽自動車以上に高いとみていいでしょう。

 

10万キロ走行の買取金額を見てもよくわかります。
3年落ちで60万円ぐらい5年落ちで40万円ぐらいという金額は、用途が限定された軽トールワゴンとしては高めの金額です。

 

この車を売るのは、若年層の女性向けモデルということを考えるとやはり一般的な買取店がいいかと思います。
女性向けモデルの専門店などがあればそういったところが一番いいかと思いますが残念ながら今のところそういった店舗がなさそうなので、結局のところ普通の買取店で売るしかなさそうです。