アルト10万キロ買取相場

MENU

アルト10万キロ買取相場

スズキアルト10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜43万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのアルトでも高く買取してもらうには?

 

低価格による大ヒットでスタートしたスズキのアルト、現在でも価格の安い軽自動車のベーシックモデルとして販売されていますが、このモデルは2つの時代を持ちます。
1つの時代は、軽自動車のベーシックモデルとして特化した時代、コストをかけずに装備も軽微なものだけを装着して、その分、価格を抑えて買いやすくした車を発売するといった年代で、これは初代モデルから2004年まで発売されていた5代目モデルが該当します。
そしてもう1つの時代は徹底したエコモデル、動力性能、走行性能、快適性などはさておきでとにかく燃費性能を上げるためにとことん追求されたモデルで、6代目モデルから7代目モデルがそれに該当します。
そして現在はエコに徹したモデルからまた最初のころのベーシックモデルとしての作りに近いものになりかけてきましたが、そういった車作りのコンセプトによって人気傾向も大きく左右されます。

 

ベーシックモデルとして作られた時代ではいろいろなバリエーションモデルが作られたせいか、需要の広い範囲から受け入れられていて、販売台数もそこそこ伸びます。
一方、エコモデルとなると低燃費に無関心な方はいないと思いますが、あまりにもそればかりに固執してしまうとつまらない車が出来上がってしまい、ガソリンは節約できるが、いろいろな意味でストレスがたまるといった形になります。
そのため、ガソリンを節約するためだけに乗るといった感じとなるわけで、この車を買おうとする方もガソリン節約だけを考える方がメインとなり、販売台数も少なくなってしまいます。

 

スズキは6代目モデル、7代目モデルでそういったことを強く感じ、それではいけないということで8代目モデルで大きな変化を遂げたのです。
これが功を奏して大ヒットのきっかけとなり、新車市場でも久しぶりのベーシックモデルのヒットとなったわけです。

 

中古車市場においても同じ傾向を示します。
エコモデルとして作られていた時代のものはあまり売れ行きがよくありませんので、中古車市場での価値も高くありません。
そして10万キロとなるもの買取金額ですが、年式的にどれも燃費重視の時代のつまらないモデルがほとんどとなりますので価値はかなり低く、買取金額も3年落ちで43万円ぐらい5年落ちで26万円ぐらいとだいぶ安い金額になってしまいます。

 

これが例えば現行モデルであれば、そこそこ需要が高いので仮に10万キロ走っていたとしても50万円を下回ることはないでしょう。

 

このモデルを高く売るのはかなり苦労すると思います。
先代モデル、先々代モデルはエコモデルであるため、とにかくこれっ!というものがなく、すべてが無難であるため特別な需要などを期待した売り方ができないのです。
軽自動車だけを取り扱っている中古車販売店や買取店もありますが、一般の買取店と比べると思ったほど高くならないようですので、利便性を考えるとそういったところを使うのも考えものです。

 

このモデルでは複数の買取店で査定を行って、その中から一番高い査定額を出したところで売るのが一番いいようです。