スイフト10万キロ買取相場

MENU

スイフト10万キロ買取相場

スズキスイフト10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜75万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのスイフトでも高く買取してもらうには?

 

スズキの登録車の主力モデルとなるのがこのスイフト、カルタスの後継モデルとして作られたハッチバックモデルですが、人気のソリオとはプラットフォームなどを共有する兄弟車で、ハッチバックはスイフト、ワゴンはソリオといた形で位置づけられています。

 

スイフトはいわゆる大衆コンパクトカーとして作られている車で、日産のマーチやマツダのデミオ、トヨタのヴィッツなどと同じような位置にいる車です。
このクラスの車と言えば、1にも2にも燃費性能であって、走行性能が悪くなっても動力性能を落としてまでも燃費性能を上げようとする作りがされているものです。
車好きには何ともつまらない車なのですが、その中でもスイフトは燃費性能はそこそこ、走行性能もそこそこといったこのクラスの車ら叱らぬ作りがずっとされてきている珍しい車なのです。
その理由はスズキがEC市場に重きを置いているからです。

 

ヨーロッパでは日本のように燃費がいいだけでは車は売れません。
国をまたいで長距離を走ったり、ハイスピード走行をすることが多いので、走行性能、動力性能も侮れないのです。
そういったところで使えるようにと作られたスイフトは日本国内ではちょっとした異端児的な車として見られてしまいます。
それでも先代モデルの後半あたりから低燃費を強く意識するようになってきて、デュアルジェットエンジンやS-エネチャージの小型モデル版のマイルドハイブリッドシステム、そしてハイブリッドハイブリッドシステムを採用するようになってきましたが、それでも走りを台無しにしないつくりがされているのは鈴木らしさといっていいのではないでしょうか。

 

こういった魅力があるスイフトですが、新車需要においても中古車市場においてもそういったものを求める声があり、他の自動車メーカーが作ったコンパクトカーではなく、あえてスズキのスイフトを購入するという方も多くいます。

 

中古車市場における台数も多く、2017年現在では2010年から発売されている3代目モデルがメインとなっているようです。
買取店でも積極的に買い取っており買取金額も高め、10万キロ走行のものでも3年落ちで75万円ぐらい5年落ちで36万円ぐらいとなります。
金額的に見るとたいして高くないように思えますが、軽自動車と同じぐらいか、それよりも安い新車販売価格が設定されていることを考えるといい金額なのではないでしょうか。

 

売る場所は大衆車ですのでやはり一般の買取店が妥当かと思われます。
スイフトではなく、スポーツモデルのスイフトスポーツであれば、スポーツモデルを取り扱うところで売るという手段もありますが、標準モデルのスイフトは買取店がいいでしょう。
一括査定サイトなどをうまく利用して、複数の買取店で査定を受ける段取りをつけます。
そして実際に査定を受けたらすぐに売るのではなく、すべての査定がおわり査定額が出そろったところで一番高い金額を出したところで売るのがベストです。