ソリオ10万キロ買取相場

MENU

ソリオ10万キロ買取相場

スズキソリオ10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜70万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのソリオでも高く買取してもらうには?

 

ここのところ、非常に人気が高まっているのがスズキのソリオです。
ソリオはスイフトベースのトールワゴンですが、今でこそトヨタグループが発売したトール、タンク、ルーミー、ジャスティの猛攻撃を受けていますが、それが発売される前までこのクラスのトールワゴンというのはこのソリオだけだったのです。

 

唯一無二の存在であったことやミニバンまで入らないがハッチバックでは使いにくいという声があったことで、完全なトールワゴンとして作られた3代目モデルから人気を独り占めしてきたわけです。
人気が急加速したのは2015年に行われたモデルチェンジで4代目モデルが発売されてからです。

 

3代目モデルまではデュアルジェットエンジンやアイドリングストップ機構、エネチャージの搭載などだけで燃費性能の向上を図ってきたわけですが、新しい4代目モデルになって初めてハイブリッドシステムが搭載されたのです。

 

当初からあったものはいわゆるマイルドハイブリッドシステムと呼ばれるものでスズキに軽自動車でいうところのS-エネチャージと同じもの、EV走行はできず、エンジンに負担のかかる部分だけを電気モーターでアシストするといった簡易型ハイブリッドシステムです。

 

そして後から追加されたのが普通のハイブリッドモデルで、こちらにはS-エネチャージをさらに進化させて、超低速域のクリープ現象の時だけEV走行ができるようになりました。

 

この2つのハイブリッドモデルの他にガソリンエンジンも取りそろえたソリオ、デザイン的にもトヨタグループのモデルのようなゴテゴテ感がないということで特に中年齢層以上の方に人気が高まっています。

 

中古車市場でも人気がかなりあり、価値も高くなっていますが、中古車市場でメインとなっているのは3代目モデルであって、ハイブリッドモデルを含めた4代目となる現行モデルはまだまだ数が多くありません。
しかし、先代モデルでも中古車市場でのソリオ人気は衰えず、トヨタグループのモデルが発売されてからも高い価値を持ち続けているようです。

 

買取店での買取金額も軒並み高く、10万キロ走行のものでもそこそこいい金額になります。
どちらも先代モデルとなりますが、3年落ちで70万円ぐらい5年落ちで50万円ぐらいとかなりの金額となるでしょう。

 

この金額をもっと高くするには売却前に何かしたところで大きな違いはありませんので無駄な努力をするのではなく、売る場所を選ぶことで行いましょう。
車を売ることができるのは一般的に買取店か中古車販売店のどちらかになりますが、どこも全く同じ価値観を持つということではなく、買取店と中古車販売店でも価値観は違いますし、同じ買取店の中でも価値観が違うこともあります。

 

少しでも高く売ろうとするのであれば、こういったまちまちの価値観を持つ店舗の中から一番高い価値をつけてくれるところを選ぶのがいいわけです。
それにはできるだけたくさんの買取店の査定額を集める必要があるわけですが、一軒一軒やっていたのでは大変です。
そこでインターネット上にある一括査定サイトなるものを使って、複数の買取店といっぺんにやり取りを取ってみるのがいいでしょう。