SX410万キロ買取相場

MENU

SX410万キロ買取相場

スズキSX410万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜68万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのSX4でも高く買取してもらうには?

 

スズキは軽自動車で人気のある自動車メーカーですが、本来は小型車を作る自動車メーカーです。
現在でもスイフトや大人気のソリオ、SX4 Sクロス、イグニスといったモデルを作っていますが、その中の1台のSX4 Sクロスの初代モデルがSX4です。

 

SX4は現在のSX4 SクロスのようなバリバリのクロスオーバーSUVではなく、セダンモデル、ハッチバックモデルを持つ車種でした。
セダンモデルはスズキが国産向けに発売するモデルで唯一となる小型セダンモデルとして、ハッチバックモデルは、クロスオーバーSUV風の作りが与えられていました。
その流れが現在のSX4 Sクロスに受け継がれている形になったのですが、残念ながらこの頃のSX4はセダンもハッチバックモデルもとことん人気がなかった車でした。

 

セダンモデルはこのクラスにはたくさんのライバル車があるため、ヨーロッパ市場を第一に考えたコンサバティブなセダンが売れるわけがありません。
ハッチバックモデルはというと、日本でこのモデルが発売された2006年当時はクロスオーバーSUVというもの自体があまり浸透しておらず、今のように「クロスオーバーSUV」という文字を付け加えるだけでバカスカと売れるような時代ではありませんでした。
当時はあくまでもワゴン車、ワゴン車にクロスオーバーSUVとしての武骨な性質はいらないということで、ほとんどの方が他の使い勝手がもっと良くデザイン的にも日本人向けの車を買うことになってしまったわけです。

 

そもそもこの当時スズキでは、国内は軽自動車の売り上げだけで十分としている時で、登録車に関してはヨーロッパ市場を名の据えており、そこで売れるものを作り、それを日本でも販売しているといった軽い扱いしかされていなかったので、デザインも車の作りのすべてにおいて日本人向けではなく、ヨーロッパの女性ドライバー、高齢者ドライバー向けとなっているのです。
最近はソリオの大ヒットから日本国内市場に目を向けるようになりましたが、今でもその傾向は色濃く残っていると居ていいでしょう。
このような形で作られた車が日本で売れるわけがありません。
セダンモデルもハッチバックモデルも新車販売台数はかなり少なく、みじめな状態になっていました。

 

現在の中古車市場においても後継モデルのSX4 Sクロスによって多少注目が集まっていますが、SX4 Sクロスと初代モデルのSX4はつくりはおろかコンセプトも全く違い車ですので、SX4 Sクロスで注目が集まったとしてもそれがSX4の中古車の売り上げにつながるとは考えにくいものがあります。
需要も少なめで台数も少ないというのが現在の中古車市場におけるSX4の状態です。

 

当然ですが買取金額も高くはなりません。
10万キロなどひどいもので、セダンモデルが3年落ちで60万円ぐらい5年落ちで40万円ぐらい、ハッチバックモデルが3年落ちで68万円ぐらい5年落ちで50万円ぐらいにしかなりません。

 

この車の買取金額をさらに高めるのが相当難しいことなのですが、特別な需要があるわけではないので、買取店で売るのが一番いいかと思います。
ただ、買取店といってもどこも同じ金額ということではありませんので複数の買取店で査定を受けて、その中から査定額が一番高いところで売れば、多少は高くなることでしょう。