インプレッサ10万キロ買取相場

MENU

インプレッサ10万キロ買取相場

スバルインプレッサ10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜70万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのインプレッサでも高く買取してもらうには?

 

インプレッサといえば、ラリーシーンで大活躍したインプレッサWRX STIが有名ですが、現在そのモデルはインプレッサとして発売されておらず、インプレッサから独立してWRXシリーズとして発売されています。

 

そのため現在、インプレッサと呼べるモデルは、セダンモデルのインプレッサG4、ハッチバックモデルのインプレッサスポーツだけとなります。

 

インプレッサはどうしてもWRXシリーズのイメージが強く、インプレッサ全体がスポーツ色の強い車と見られがちですが、WRXシリーズが分裂した今、インプレッサはいわゆる大衆車、安全性能と燃費性能を備えた大衆車としてしか作られていません。
それによってインプレッサを購入する方の年齢層や性質などが大きく変わってしまったのですが、実はこれはスバルが狙ったことであって、インプレッサがあまりにもスポーツ色に強い車として見られているため、一般消費者には受け入れられていなかったことを打開するためにスバルが取った手段なのです。

 

現状のインプレッサを購入する方のほとんどがEyeSightの安全性に期待する中高年齢層の方ばかりで、一気にユーザー層が変わってしまいました。

 

中古車市場でも同じような傾向を示します。
この車の中古車を購入する方は、自動車にこれといった思い入れも何もない方がほとんどでいわゆるカローラとかプリウスを選ぶような方たちばかりですので、年式やデザインといったことよりもどれだけ長く乗るつづけることができるのか、如何に故障しないで乗り続けることができるかということを強く求めます。

 

買取店での買取に関してもそういったことを重点的に見て査定額を決めますので、どうしても10万キロという過走行車となると全体的に価値が低くなり、買取金額も安くなってしまいます。

 

仮に最短で3年落ちぐらいで10万キロになったとすると3年落ちで70万円ぐらい5年落ちで45万円ぐらいといったぐらいになります。
年式的に4代目モデルとなることからモデル落ちということでも価値の低下が起こっていますが、それ以上に車自体が大衆車であることが買取金額の低下を引き起こしているといっていいでしょう。

 

高くなりがちなのは2リッターエンジンモデル、4WDモデル、EyeSight標準装備モデルといった上級グレード、上級装備が装着されたもので、これは大衆車を好む方が車を買ったままで乗り続けるという特徴があることに由来します。
最初からすべてのものがついている方がよい・・・これが大衆車オーナーの考え方です。

 

ボディ形状は、セダンが売れているかと思いきや意外とハッチバックが売れており、インプレッサG4よりインプレッサスポーツの方が買取金額が高くなりそうです。

 

買取金額を更に高くする方法ですが、大衆車ですのでこれはかなり難しい作業となります。
大衆車というのはとにかく無難なつくりがされているものですから、いいところもなければ悪いところもない、突出した性能がない代わりに極端に劣る性能もないといった車です。

 

こういう車は特別な需要はありませんので、専門店の作られることがないため、結局は一般の買取店で売るしかないでしょう。