ステラ10万キロ買取相場

MENU

ステラ10万キロ買取相場

スバルステラ10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜50万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのステラでも高く買取してもらうには?

 

スバルの軽自動車は現在のところ、すべてのモデルがダイハツからのOEM供給車となっていますが、その昔はスバルでもオリジナルの軽自動車を作っていました。
その当時、スバルの軽自動車はマニアに人気となっており、現在のスズキやダイハツの軽自動車並みの売り上げを上げた時代もあったのです。
その時代に作られていたのが初代ステラです。
現在では軽自動車といえば直列3気筒NAエンジンかターボエンジン、トランスミッションはCVTだけ、サスペンションはフロントこそストラットが採用され独立懸架となっていますが、リヤはコスト削減のためにトーションビームなどが使われることが当たり前のようになっていますが、初代ステラは軽自動車ながら直列4気筒エンジンにスーパーチャージャーを備え、トランスミッションはCVTの他に5速マニュアルトランスミッションを選ぶことができました。
そして極め付けがサスペンション、フロントはストラットと現在の一般的な軽自動車と同じですが、リヤにもストラットが採用されていて四輪独立懸架となっていたのです。

 

今の軽自動車では絶対あり得ないような装備がこの時代のスバルの軽自動車、ステラに採用されていたのです。
しかし、このモデルは景気の低迷と低燃費ブームのために1モデルだけ作られて終わってしまい、それ以降はダイハツからのOEM供給を受けてムーヴをステラとして販売しているにすぎなくなりました。

 

この出来事でステラの需要傾向が大きく変わりました。
それまではスバルらしい魅力のあるスポーティーは軽自動車で、買う人間も若年層の男性が多かったのですが、ムーヴのOEMもでるとなってから老若男女問わず買われる無難な軽トールワゴンといった感じとなりました。

 

中古車市場ではこのムーヴのOEMモデルは全く人気がありません。
それもそのはず、中古車市場にはムーヴの中古車もあるわけですからわざわざ周り功徳ステラを買う必要がないのです。
一方、現在でも人気が高いのがスバルオリジナルモデルだった初代モデルで、こちらは年式的古いモデルですので価値としてはあまり高くありませんが、状態のいいモデルが入庫するとすぐに売れてしまうぐらいの人気を持ちます。

 

買取金額に関しても新しいだけあってムーヴ時代の2代目モデル、3代目モデルの方が金額が高くなりますが、初代モデルでもそれと同じぐらいに金額になることもよくあるそうです。
10万キロものも同じような状態で、2017年現在で2代目モデルに該当する3年落ちで50万円ぐらい5年落ちで30万円ぐらいとなりますが、同じ10万キロ走行のものでも自社生産をしていた時の一番新しいモデルとなる2011年式でも34万円ぐらい値がつくこともあるようです。
この金額は買取店での金額ですから、売る場所を選ぶことでもっと高く売ることができる可能性があります。
例えば、軽自動車専門店とかスポーツモデル専門店といったようなところです。
とにかく少しでも気になったらどんどん査定を受けてみましょう。