トレジア10万キロ買取相場

MENU

トレジア10万キロ買取相場

スバルトレジア10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜50万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのトレジアでも高く買取してもらうには?

 

スバルは軽自動車とかコンパクトカーにとことん弱い自動車メーカーです。
ただ、過去にはこういったモデルも自社生産して販売していたのですが、コストがかさむ割には売り上げが少ないということで撤退してしまったというわけです。

 

その後は、スズキやダイハツ、トヨタ、三菱などに頼りっきりで、フラット4エンジンを搭載していないモデルすべてが他社からのOEM供給とか共同開発という名目で作ったものをタダ売っているだけといった形になってしまっているようです。
その中の1台がこのトレジア、このモデルはトヨタと共同開発という形で作られたもので、トヨタのヴィッツを利用して作ったコンパクトカーで、トヨタでもラクティスという名前で販売されていました。
トヨタではアットホームなトールワゴン的な感覚で売られていましたが、スバルではこのトレジアをスポーティーなワゴンモデルとして販売しており、インプレッサなどがもたらしたスバルのイメージをうまく受け継ぐことができたわけです。
発売当時はそこそこの売れ行きを示し、特に若年層の男性から人気が高かったようですが、それが大ヒットにつながることはありませんでした。
その理由は見た目以上に普通だったからです。
エンジンは1.3リッターと1.5リッターのNAエンジン、パワーは最大でも109ps、トランスミッションは低燃費のためのCVTだけ、サスペンションも廉価モデルでは当たり前となっているトーションビーム、このような組み合わせで大ヒットすることなど絶対に考えられません。
これらトレジアでなくてもヴィッツやフィットでいいでしょう。

 

ここが共同開発車とかOEM車の弱点であって、人目を引くような特徴を持たせることができないのです。
結局、同じ車が複数あるということになるわけで、それならスバルよりもトヨタの車を買ってしまうことになりかねません。

 

ただ中古車市場では新車市場の時のように自動車メーカーによる垣根が低いため、トレジアがいいと思っていてもラクティスを選んだり、ラクティスを買いに来た方がトレジアを買っていくということが多々あります。
全体的な中古車需要はそれほど多くはありませんが、需要の偏りも少ないように思えます。

 

ただ、結局は大衆コンパクトカーであるため、人気があったとしても価値はそれなり、買取店でも高く買うことはなく、買い取れる範囲の金額であれば、買い取るといった感じで好んで買おうとはしていません。
買取金額は低め、10万キロ走行車においても3年落ちで50万円ぐらい5年落ちで25万円ぐらいとかなり安い金額になります。
この車も残念ながら買取金額を劇的に高める方法はありません。
無難なところでまずは一括査定サイトに申し込んで各買取店の暫定査定額と買取店側の出方を探ります。
丁寧な対応で暫定査定額もそこそこ高いところを数社ほど選んで実際に査定を受けてください。
そして査定額がでたら即答するのではなく一度引き取って他の買取店で同じことをします。
これで査定額が出そろいますのでその中から一番高いところで売ればいいのです。