フォレスター10万キロ買取相場

MENU

フォレスター10万キロ買取相場

スバルフォレスター10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜160万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのフォレスターでも高く買取してもらうには?

 

スバルには、XV、エクシーガ・クロスオーバー7、レガシィアウトバック、フォレスターと4つのクロスオーバーSUVモデルがありますが、その中で一番クロスオーバーSUVらしいのがフォレスターでしょう。

 

フォレスターは1997年に発売以来コンサバティブなクロスオーバーSUVとして販売されてきましたが、発売当初はクロスオーバーSUVとかSUVという言葉が日本であまり使われていなかったので、オフロードモデルやミニバンなどといわれることもありましたが、最近になってクロスオーバーSUVブームが巻き起こったことでクロスオーバーSUVとしては歴史のあるモデルという見方がされるようになったわけです。

 

この車はレガシィやインプレッサなどと同じプラットフォームを使って作られている乗用モデルですが、レガシィもインプレッサもAWDを搭載して丈夫なボディを持っているので、その時点でクロスオーバーSUVと同じぐらいの悪路走破性を持っているので、さらにオフロード走行性能の特化したつくりとすれば立派なクロスオーバーSUVが作れると思います。
それがフォレスターなのです。
フォレスターは一見するとオンロード寄りのクロスオーバーSUVに見えますが、性能としてはオフロードよりの車であるため、SUVやクロスカントリー4WDまでは必要ないがオフロードをよく走るという方にピッタリな車に仕上げられています。

 

そのせいか地味ながらも新車市場でも中古車市場でも人気があり、需要も高いものを持ちます。
10万キロも走ったモデルでもこれならきっと高く売ることができるでしょう。
早い方ですと3年目ぐらいで10万キロに達する方もいますので、その年式から見ると3年落ちで160万円ぐらい5年落ちで140万円ぐらいとやはりかなりいい金額になります。

 

3年落ちモデルも5年落ちモデルもどちらの現行モデルとなる4代目モデルということになりますが、先代モデルでも70万円ぐらいにはなると思われます。
高くなりやすいのは、2リッターエンジンモデル、それもターボエンジンではなくFB20型エンジンを搭載したNAエンジンモデルです。
そして当然ながらEyeSightがついているものの方が高い金額がつきます。

 

売る場所は、一般の買取店でもいい値をつけてくれると思いますが、更なる高い金額をつけてくれるのがSUV専門店などという中古車販売店です。
フォレスターはクロスオーバーSUVであってSUVではないのですが、世の中で間違った知識が広がってしまっているため、こういった「SUV専門店」と看板を掲げている店舗でもクロスオーバーSUVを扱ってくれます。

 

こういったところではSUVのみならずクロスオーバーSUVが欲しいと思っている方が買いに来るので、いろいろな車を取り扱っている中古車販売店よりクロスオーバーSUVが売れる可能性が高くなります。
そのため、販売台数が多くなるため、それに見合った仕入れを行わなければならないので、多少高くても買い取ろうとするわけです。
それに間にオークションを挟まないので、手数料などのコストが少なくて済むのでそういった面でも高く買うことができるわけです。