レガシィアウトバック10万キロ買取相場

MENU

レガシィアウトバック10万キロ買取相場

スバルレガシィアウトバック10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜140万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのレガシィアウトバックでも高く買取してもらうには?

 

レガシィツーリングワゴンの生産終了を受けて日の目を見ることになったレガシィアウトバック、レガシィシリーズのクロスオーバーSUVということになりますが、レヴォーグでは満足ができない、レガシィファンからはレガシィツーリングワゴンの代用としても用いられているようです。

 

このモデルはメジャーになったのはここ最近のことですが、実は意外と歴史が長かったりします。
このモデルは当初は、レガシィツーリングワゴンのクロスオーバーSUV風の派生モデルとして作られたレガシィグランドワゴンという名前で売られていました。
ちょうどレガシィシリーズが2代目モデルの時です。
その後すぐにレガシィ・ランカスターと改名をしたのちにレガシィが3代目モデルまで発売されたのちにレガシィが4代目モデルとなった時に初めて日本国内でもレガシィアウトバックという名前になりました。
このモデルが初代レガシィ・アウトバックとなり、今から10年以上前のこととなります

 

この時からレガシィが6代目モデルとなる前まで、レガシィアウトバックはあくまでもレガシィツーリングワゴンの派生モデルとして作られていただけでしたので新車市場、中古車市場において需要はかなり低く、ほとんど売れない車でした。
しかし、レガシィが6代目モデルとなり、ステーションワゴンのレガシィツーリングワゴンが生産終了になったことで、大きく注目されるようになりました。
ただ、注目されたといってもそれがすぐに販売台数に繋がることはなく、レガシィツーリングワゴンの軽快さも無くなってしまったためにそのほとんどがレヴォーグや他のモデルに流れていってしまい、今でもあまり売れない車となっているようです。

 

このモデルがフォレスターのようにもっとクロスオーバーSUVらしい車であれば、もう少し売れたかもしれませんが、レガシィツーリングワゴンのユーザーを受け入れることも考えて作られたことで、思い切ったことができず結局はレガシィツーリングワゴンとたいした違いの無い非常に中途半端なつくりとなってしまい、それが需要の低下を引き起こしている1つの原因なのではないかと見られます。

 

中古車市場でもずっと需要は低いままです。
新車市場であまり売れていない状態できているので、中古車市場に入ってくる台数も少ないこともあっていい意味では安定しているのですが、所詮不人気車ですので価値は低く、買取金額も思ったほど良くはなりません。
10万キロのものもたいして金額にはならず、3年落ちで140万円ぐらい5年落ちで75万円ぐらいにしかならないでしょう。

 

この車を高く売る方法ですが、クロスオーバーSUVといってもオンロード志向でほとんどステーションワゴンといってもいいモデルですから売る場所は結局のところ、普通の買取店になってしまうでしょう。
複数の買取店で査定をうけて、その中で一番高い金額を出したところで売る、こういった方法しかないでしょう。