レガシィツーリングワゴン10万キロ買取相場

MENU

レガシィツーリングワゴン10万キロ買取相場

スバルレガシィツーリングワゴン10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜90万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのレガシィツーリングワゴンでも高く買取してもらうには?

 

レガシィとして5代目モデルになるBR系を最後に生産終了になってしまったレガシィツーリングワゴン、今のスバルがあるのはこのレガシィツーリングワゴンの大ヒットおかげだったのに、ステーションワゴンが売れないことから軽々と生産終了としてしまうのは、ちょっとスバルの考え方を疑います。
これがトヨタならわかります、トヨタは売れない車はどんな車でバンバン切っていく自動車メーカーですので特に不思議には思いませんが、スバルまでそういったことをしてしまうのは残念です、やはり筆頭株主が怖いのでしょうか。

 

こういった歴史を踏まえた考え方は自動車メーカーよりむしろ一般消費者の方が強く持っているようで、レヴォーグやレガシィアウトバックがあるからといって浮気をすることなく、レガシィツーリングワゴンだけを求めている方が結構たくさんいるようです。
通常、中古車市場ではモデル廃止された古くなったモデルは価値が急降下するものなのですが、レガシィツーリングワゴンに限っては根強い人気があることから、価値が年々低くなることには違いはありませんがそのさがるいきおいがあまりありません、じんわり下がっていくといえばわかりやすいでしょうか。

 

既に生産終了されたモデルですので年式が古くなっていたり、走行距離が進んでいることは当たり前のことですので、そういったことで価値に低下が低いからなのかもしれません。

 

10万キロ走行のものでも意外と価値は高く、買取金額も最終モデルで90万円ぐらい5年落ちで65万円ぐらいとなります。
まだ発売されているセダンモデルのレガシィB4と比べて見るとレガシィツーリングワゴンの方が若干安くなりますがこれは仕方がないことでしょう。

 

レガシィツーリングワゴンのようなモデルは基本的に一般的な消費者、車に特に興味を示さない方に買われる車であって、そういった方たちは新車が売られなくなるとすぐに興味を失うものです。
その失われた興味というものがレガシィB4とレガシィツーリングワゴンの需要の差であって、それが買取金額の違いであったりするわけです。

 

この車を高く売るなら一般の買取店より、スバルの車だけを扱っている中古車販売店、旧車を専門的に扱っている中古車販売店などで売るといいでしょう。
中にはレヴォーグではなく、レガシィツーリングワゴンだけを探しているという方もいて、そういった方がこういう専門的な中古車販売店に来ることが多いので需要が高くなり、買取に関しても金額が高くなるというわけです。

 

高くなりやすいモデルは2リッターターボエンジンを搭載した2.0GT DITグレードです。
2.5リッターモデルと比較しても燃費性能はほとんど変わらないのに、パワーが300psもあり、それでいて自動車税は2.5リッターエンジンモデルより安くなるということで2リッターエンジンモデルの方がメリットが高く、中古車もたくさん売れていくわけです。
それとやはりEyeSightがついていると高くなりやすくなります。