BRZ10万キロ買取相場

MENU

BRZ10万キロ買取相場

スバルBRZ10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜150万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのBRZでも高く買取してもらうには?

 

スポーツモデルが売れないとされ、続々とスポーツモデルの生産が終了されて行っている中で、勇気のある行動をとったのがトヨタとスバルでした。

 

トヨタからはAE86をイメージさせるような販売戦略で発売した86として、そしてスバルからはスバル初のFRスポーツとしてBRZを発売したわけです。
この両車は兄弟車、トヨタとスバルの間で行われた共同開発によって作られたものでそれをそれぞれの自動車メーカーで販売する形としています。
トヨタとスバルの間では過去のこれと同じような形でトレジアとラクティスというモデルがありましたが、要はそれと同じです。

 

売れるかどうかわからないスポーツモデルを発売するのはちょっと怖いということで、トヨタ側が少しでもリスクを減らすために、話しをスバルに持ち掛け、スバルがそれに対応した形で作られたのがこのモデルということです。
そのため、車体の作りのほとんどはスバル製、ボディ、シャシー、エンジン、トランスミッション、ドライブトレーン、サスペンションすべてがスバル製です。
どこにトヨタが入っているのかというとエンジンの一部として受けられている直噴エンジン技術、具体的な部品ということではなく技術を一部提供しているだけとなっていて、BRZも86もその90%がスバルのものといっていいでしょう。

 

それなのに、トヨタとスバルとでこのモデルの売れ行きを見るトヨタの86の方が上、これはすべてにおいてトヨタが持つ巧みな販売戦略によるものといえます。
何せ、全く関係のないモデルなのにFRレイアウトを持つということだけで、過去に大ヒットモデルとなったAE86にかけてくることなど、常人では恥ずかしくてできません。
それをやってしまうところがトヨタのすごいところともいえるでしょう。

 

中古車市場の人気傾向も同じようなもので、台数自体がそれほど多くありませんが、人気としては86の方が上です。
ただ、そういったことで中古車となって販売される時の価格が86の方が高くなり、同じようなグレード、同じような状態でもBRZの方が安く買えるということであえてBRZを選ぶ方もいます。
全く同じ性能の車を安く買うことできるのですから、これは手堅い買い方だと思います。

 

価値としては一般の大衆車と比べるとやはり低めです。
どうしても趣向性が高い車ですし、実用性も低いので仕方がないでしょう。
ですから、大衆車を取り扱っている一般の買取店では高くは買取ってくれません。

 

高く買取ってくれるのはスポーツモデル専門店、ここならスポーツモデルを買おうとする方が集まりますので、需要が高まることから価値が上がりますし、チューニングなどをしている場合でもそれらも評価されますので、おのずと買取金額が高くなります。

 

それによって、10万キロのものも3年落ちで150万円ぐらい5年落ちで130万円ぐらいと人気のないNAスポーツモデルでもなかなかの金額になりそうです。
これは一般の買取店だったら・・・100万円越えるかどうかです。