アトレーワゴン10万キロ買取相場

MENU

アトレーワゴン10万キロ買取相場

ダイハツアトレーワゴン10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜87万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのアトレーワゴンでも高く買取してもらうには?

 

ダイハツには今でも商用モデルとしてハイゼットシリーズがありますが、過去にハイゼットバンモデルに設定されていた高級志向(?)の商用バンモデルが現在のアトレーワゴンの始まりです。

 

アトレーワゴンはいわゆる商用車の乗用転用モデルで軽商用モデルのハイゼットのボディを使い、それをワゴンモデルとするべく手直しをして作られたモデルです。
商用バンベースであるため、キャブオーバー型のエンジン配置はフロントシートの前進を促し、それが広いキャビンに繋がりますし、もともと広い荷室があるため、軽自動車ながら空間的にも面積的にもかなり広さを感じます。
広さや使い勝手だけなら同社の大人気車種、タントよりも優れているといっていいでしょう、それにこのモデルなら男性ドライバーが運転しても恥ずかしくありません。

 

新車市場では現在のところ5代目モデルが販売されていますが、商用バンとの絡みもあって2005年からモデルチェンジを行っていない形となっており、いささか古さを感じるようになってきました。
ライバルであるスズキのエブリィワゴンが意外とまめにモデルチェンジしている中でこれは大きなデメリット、そのせいか販売台数が年々落ちつつあり、アトレーワゴンではなくエブリィワゴンを購入するといった流れができてきました。

 

しかし、中古車市場では依然として人気が高く、むしろ商用車っぽいデザインが色濃く残るエブリィワゴンより、ちょっとシャープなイメージがありより乗用車らしいエクステリアを持つアトレーワゴンの方がよく売れており、状態がよいものが入るとすぐに売れてしまうぐらいです。
基本的に軽ワンボックスワゴンモデルは中古車市場でも人気が高く、高値で取引されるのが普通であるため、モデルが古くても年式が古くても、走行距離が延びていても結構いい値がつくものです。

 

それに中古車で軽ワンボックスワゴンを買おうという方は、セカンドカーとして購入、仕事用の車として購入、経済的に厳しいといったことで出来ればこの車にお金をかけたくないという方が多いので、むしろ少しでも安くなり高年式、過走行車が好まれたりしますので、値落ちがかなりゆっくりで、古いものでも意外と高い価値がついたりするものです。
10万キロ走行の買取金額を見ても3年落ちで87万円ぐらい5年落ちで68万円ぐらいとかなりいい金額となります。

 

この車を高く売るにはやはり売る場所を選ぶぐらいしか方法はありません。
しかしながらこの車にはないか特別な需要があるわけではありませんし、特化した性能もありませんので、結局のところ売る場所というのは街中に点在する一般的な買取店ということになってしまいます。

 

ただ買取店といってもどこも全く同じ金額で買い取るわけではなく、買取店ごとの多少価値観が違うこともありますので、そういったことうまく利用するといいかもしれません。
とりあえずは一括査定サイトなどを利用して、出方を見てみましょう。