ミラココア10万キロ買取相場

MENU

ミラココア10万キロ買取相場

ダイハツミラココア10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜45万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのミラココアでも高く買取してもらうには?

 

ミラココアは現行モデルのミラをベースにして作られた派生モデルです。
どのような派生モデルかというとそれは女性向けの軽自動車です。

 

女性が好むようなデザインや使い勝手を取り入れて作られており、若干クラシカルなイメージも持たされています。
女性向けであるせいか、走行性能、動力性能はベース車両のミラ同様にパワーの無いNAエンジンを搭載し、サスペンションのセッティングも完全な乗り心地仕様とされているため、車としての基本的な性能は最悪です。

 

しかし、ミラココアはそれでいいので、そもそも女性ドライバーはコーナーリング性能とかエンジンのパワーなど全く気にしない・・・というかわからないですし、それよりも見た目の良さ、使い勝手の良さ、経済性を気にするので全く問題ないのです。

 

同じような車としてライバル会社のスズキからアルトラパンというモデルが出ています。
一応ライバル車ということになりますが、これが面白いことにライバル車同士で済みわけができています。
アルトラパンはデザイン的にもコンセプト的にも女性向けモデルであることは間違いないのですが、どちらかというと若年層向けに作られているようで、独身女性や結婚していても子供がいない奥様などにピッタリな車です。
実際に走っているアルトラパンを見てもそういった女性の方に運転されているところをよく見かけます。

 

一方、ミラココアはどうかというと、アルトラパンの年齢層よりぐっと上であるようです。
ダイハツ側のコンセプトは女性全体が対象であることには間違いなのですが、実際に乗られているミラココアを見ると運転している女性ドライバーの年齢層が高いように思えます。

 

それこそ遅くに結婚した方、子育てを終えたお母さん、子供がすべて巣立っていったぐらいのベテランお母さんといった方たちに運転されているところを見かけることが多くあります。
デザイン的にミラココアの方が落ち着いた感じがするので、それが年齢層を引き上げているのだと推測できますが、ライバル車で年齢でのすみわけができているのは面白いと思います。

 

年齢層が高い女性は基本的に車の興味がありませんので、一度かったらそれこそ大きな故障が出て多額の修理費用がかからない限り買い替えを行わない傾向があります。
それからこれは比較的若めの女性ドライバーに多いのですが、飽きっぽい方が多いのか、車を買ってもすぐに買い替えることもよくあるそうで、比較的年式が若く、状態がいいものが多いという傾向もあります。
中古車市場に入ってくる台数が多くありませんが、入ってくるものは極端に状態のいいものか、走行距離が延びていて状態が思わしくないもの、特に女性ドライバー特有である前後バンパーの四つ角の傷やへこみ、ドアパネルのへこみなどが多くついているものが多いといった状態になっています。

 

逆に需要面からすると、こういった車は運転できる年齢層が決まってしまうものですので、多額の現金で新車を買うのではなく、運転できる短い期間を中古車で我慢するということがあるため、そこそこ高い需要があります。

 

買取店での買取金額は高くもなく安くもないといった状態で年式が若かったり、走行距離が短いものであればいい金額になりますが、ボディの傷みが激しい可能性がある走行距離が延びているものは安くなる傾向があるようです。
10万キロ走行のもので3年落ちで45万円ぐらい5年落ちで35万円ぐらいとなります。

 

売り方は一括査定サイト経由で買取店を選び、そこで売るのが一番いいでしょう。