ミラ10万キロ買取相場

MENU

ミラ10万キロ買取相場

ダイハツミラ10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜30万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのミラでも高く買取してもらうには?

 

ダイハツのミラはスズキのアルトと並んで軽ハッチバックセダンモデルとして古くから販売されているモデルですが、アルトと同様に、一時期からベーシックモデルというより、どちらかというと低燃費を重視したエコモデルとして扱われるようなっていました。
軽セダンの闇の時代といっていいですが、スズキはアルト全モデルをエコモデルとしてつくりかえるという手段を取りましたが、ダイハツはエコモデルとして作ったものとそれまであったベーシックモデルとを作り分けて発売したのです。
ベーシックモデルはミラとして、エコモデルをミライースとしたのです。

 

1つのモデルをコンセプト別に分けたことによってベーシックモデルとしてのミラが存在できたわけですが、残念ながらミラのような軽ベーシックモデルが売れない時代、誰もがムーヴやワゴンR、スペーシアなどを買うことが多かったために残したはいいが売れない車になってしまったのです。

 

そこでダイハツはこの車をマニュアルトランスミッション専用の特殊なモデルとしてつくりかえたのでした。
オートマチックトランスミッションや、CVTなどがもてはやされる時代でそんな車が売れるわけがないと思いがちですが、実は高齢者の方でオートマチックトランスミッションが嫌い、運転できないという方が結構いるのです。
それがここ最近のペダルの踏み間違いによる飛び出し事故にもつながるのですが、そういった方に向けた1台としてダイハツがミラをマニュアルトランスミッション好き高齢者のための軽自動車として残したのです。
ミライースのようにたくさん売れるわけではありませんが、これ意外とそういった方が結構いるようでそこそこ売れました。

 

ただ、絶対的な需要が高いわけではないので、台数としては少なめ、中古車市場での人気もそれほど高くありません。
それもそのはず、燃費がよくてCVTで楽々運転ができる車が全く同じボディを持つミライースとして発売されているのですから、特別な理由がない限り、マニュアルトランスミッションのミラを選ぶことはないでしょう。

 

需要がなければ買取店での買取金額も高くなるはずがありません。
10万キロ走行のものであればなおさらです。
10万キロ走行のもので、3年落ちで30万円ぐらい5年落ちで15万円ぐらいとかなり低い金額になるでしょう。

 

残念ながらこの車を高く買ってくれるところはありません。
売る場所は一般の買取店で、一括査定サイトをつかって複数の買取店とアクセスを取り、実際の査定額から売る場所を決めればいいでしょう。
ただ、地域的に高くなるところとそうでないところが出てきます。

 

やはり高齢者の方が車に乗る頻度が高いのは都心や地方都市といった都市部よりどちらかといったら農業や漁業が盛んな地方です。
都心のように電車や地下鉄、バスなどが頻繁に行き来しているわけではないのでどうしても生活の足として車が必要なわけです。
そしてこういったところでは高齢者が多いのでマニュアルトランスミッション好きの方も多いというわけです。
ですので、都会や都会に近いところにある買取店より、地方にポツンとある買取店の方が実質的な需要が高いため、買取金額も若干高くなります。