ゴルフトゥーラン10万キロ買取相場

MENU

ゴルフトゥーラン10万キロ買取相場

フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜110万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのゴルフトゥーランでも高く買取してもらうには?

 

日本ではフォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランとして販売されていますがこのモデルの本国での正式名称はフォルクスワーゲン・トゥーランといいます。
これは日本でフォルクスワーゲンの車といえば、ゴルフがよく知られているので、トゥーランというよりゴルフトゥーランといった方が売れるだろうといった1つの販売戦略によって改名されたのです。
ですから、車体としてはトゥーランでもゴルフトゥーランでも全く同じです。

 

このモデルはすでにご存じかと思いますが、ゴルフの派生モデルとして作られているものです。
ゴルフに使われているプラットフォームのホイールベースを延長したものにヒンジドアの低ルーフミニバンボディを乗せた形で作られた小型ミニバンです。

 

国産モデルで大人気になっているホンダのフリードもフィットのプラットフォームをストレッチしてミニバンのボディを乗せて作られているので考え方としては全く同じといえます。
しかし、ゴルフトゥーランは残念ながらフリードのように大ヒットに至っていません。

 

その理由のいくつかを上げてみますとまずは低ルーフミニバンであること、日本ではミニバンといえばファミリーカーであって小さな子供が乗る車として使われている関係上、高速走行はいいかもしれませんが全高が低いボディはキャビンを狭くするということで現在の日本ではあまり好まれていません。
それからリヤドアですが、日本人はどういうわけかスライドドア、特にボタン一つで簡単に開閉することができるパワースライドドアが大好きで、ミニバンといえばパワースライドドアが付いていなければならないのです。
しかしゴルフトゥーランはパワースライドドアはおろか、スライドドアではなくヒンジドアとなっているのです。

 

この2つを見てもわかるかと思いますが、ゴルフトゥーランは日本人が好むミニバンとはだいぶかけ離れたつくりがされていることから、どうやら日本ではゴルフトゥーランはミニバンとしてではなく、トールワゴンやステーションワゴンとして使う方が多く、需要に関してもそのほとんどがそういった形で使うために買われているようです。

 

そうなるとどうしても需要が少なくなってしまいます、なぜならトールワゴンやステーションワゴンとして使うのであればもっと良い車がありますし、何もわざわざゴルフトゥーランを買う必要がないからです。
中古車市場においてもあまり人気は高くなく、価値も低くなっています。

 

買取店での買取金額あまり高くなく、それは10万キロ走行のものもそうです。
3年落ちで110万円ぐらい5年落ちで80万円ぐらいといった金額が買取店では限界でしょう。
ゴルフトゥーランルは安いグレードでも300万円ぐらいしますので、いくら10万キロ走行といってももう少し高くなってもらいたいものですが、もしそれを望むのであれば買取店ではなく、輸入車専門やミニバン専門店で売った方がいいでしょう。
それとミニバンはキャビン内が需要ですので査定に出す前に必ず掃除機などを使って徹底的な掃除をしておいた方がいいと思います。