ゴルフ10万キロ買取相場

MENU

ゴルフ10万キロ買取相場

フォルクスワーゲン・ゴルフ10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜177万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのゴルフでも高く買取してもらうには?

 

ドイツの名門自動車メーカー、フォルクスワーゲンが作るドイツの国民車となるゴルフ、タイプ1の後継モデルとして作られているものですが、ドイツ国内のみならず世界的に人気の高い車です。

 

日本でも初代モデルから輸入、販売されており、バブル時代では現在の軽自動車のように生活車として奥様方に乗りまわされていたぐらい、日本人になじみ深いモデルです。
現在ではさすがに生活車両として乗られることは少なくなりましたが、それでも輸入車であることを意識せずに気軽に乗れる車として扱われています。

 

フォルクスワーゲン・ゴルフというと5ドアハッチバックスタイルを持つ大衆車というイメージが強いかと思いますが、実はいろいろなモデルがあります。
標準モデルとなるのはTSIと呼ばれるグレードで、現行モデルでは1.2リッターから2リッターのターボエンジンを搭載しており、装備の違いによってトレンドライン、コンフォートライン、ハイラインに分けられます。
TDIはディーゼルターボエンジンを搭載しているモデルです。
次にGTI、当初はいわゆるゴルフのスポーツモデルとして作られたものですが、現在では更なるスポーツモデルが存在することで標準モデルとなるTSIよりはスポーティーなモデルといったものです。
そしてゴルフのスポーツモデルとなるのがゴルフRで、ゴルフシリーズで唯一となる300psオーバーの2リッターターボエンジンとフルタイム4WDを装備した一番スパルタンなモデルです。

 

この中で日本で一番売れているのはTSIモデルです。
その理由は日本人が大好きな燃費が一番いいということとエンジン排気量的に自動車税を安く済ますことができる小排気量エンジンモデルがあるからで、これは中古車市場でも同じ傾向を示します。

 

中古車市場における台数ですが、やはり一番多いのが標準モデルとなるTSIで、その次にGTIとなり、ゴルフRはかなりの少数派となります。
中古車市場における価値に関してはフォルクスワーゲン・ゴルフ全体であまり高いとは言えませんが、ゴルフRだけはちょっと違った相場を持ちます。
TSIやGTIはいわゆる大衆車として見ることができますがゴルフRだけはスポーツモデルとして扱われることが多くなります。
車を売却するにしてもTSIやTDI、GTIであれば、一般の買取店でも輸入車専門店でもそこそこの金額で売ることができますが、ゴルフRだけは逆に安くなってしまうので、このモデルだけは輸入車専門店、それもスポーツモデルを取り扱っているところで売ると高くなります。

 

これは10万キロ走行のものも同じで、むしろ顕著に出るので売る場所だけは間違えないようにしましょう。
10万キロのものを今売却したとしたら、TSIが3年落ちで96万円ぐらい5年落ちで74万円ぐらい、GTIが3年落ちで120万円ぐらい5年落ちで85万円ぐらい、ゴルフRが3年落ちで177万円ぐらい5年落ちで126万円ぐらいとモデルによって大きく金額が変わってきます。