ジェイド10万キロ買取相場

MENU

ジェイド10万キロ買取相場

ホンダジェイド10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜100万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのジェイドでも高く買取してもらうには?

 

低ルーフミニバンとして大ヒットモデルとなっていたホンダのオデッセイ、そのオデッセイの弟分として過去にストリームというモデルが販売されていました。

 

ストリームは中型低ルーフミニバンとして作られていたモデルでミニバンらしくないスタイルが特徴となっていたのですが、それが災いして、キャビンがかなり狭くなってしまい、小型ミニバンとして作られていたフリードよりも使いにくい車といわれていました。
確かにサードシートはほとんど使い物にならずステーションワゴンとしてしか使えない代物だったことを覚えています。

 

ミニバンとなれば誰もがそれなり広いキャビンを期待します。
そういった期待がある中でこのストリームのキャビンははっきり言って役不足で、それによって販売台数がのびないままで生産終了となりました。

 

ホンダにはこういった過去があったのですが、性懲りもなくそのストリームと同じような車をまた発売したのです。
それがこのジェイドです。
系統的には中型低ルーフミニバンということでストリームの後継モデルとなりますが、ジェイドはフィットの部品を多用して作られているので構造的には全く別の車として見るべきでしょう。

 

しかし、売れないから半版を終了したモデルとコンセプトが同じモデルをまた売り始めるとは思い寄りませんでした。
オデッセイですらエリシオンと統合して何とか売り続けることができているといった状態なのに、単独で不人気車だったものと同じような車を発売すれば、確実にまた失敗するに決まっているではありませんか。

 

現実的にもあまり売れていないようです。
まあ、ただこの車は中国向けに作ったモデルを日本で売っているだけですから、日本の販売台数など関係ないのかもしれませんが、ホンダも勇気があるメーカーだと思います。

 

新車市場で人気のない車はスポーツモデル以外では中古車市場でも人気は出ません。
買取店での買取金額もそれほど高くはなりませんが、2015年発売といったように何しろまだ発売からあまり年月が経っていないことから、そういった意味で買取金額はそこそこ良いようで、2015年式で状態がいいもので80万円から120万円ぐらいで買い取られているようです。

 

そして10万キロのものですが、2017年現在で発売からまだ数年しかたっていないので、この期間で10万キロも走ることもあまりないかと思いますが、数少ない例を見てみると今ならだいたい100万円ぐらいにはなるようです。

 

高くなりやすいのは最初から発売されているハイブリッドモデルではなく、後から追加されたターボエンジンモデルの方、1.5リッターで150psというのはちょっとパワーが低いような感じがしますが、それでも実用的な使われ方をされる車ですからそれで十分なのでしょう。
燃費面からしてもハイブリッドモデルの方がメリットがあると思うのですが、ターボエンジンのパンチのある走りや多額の修理費用を必要とするハイブリッドシステムの故障を気にする必要がないのでそういった点がメリットなのでしょう。

 

売る場所ですが中型ミニバンですので一般の買取店が最適かと思われます。