ステップワゴン10万キロ買取相場

MENU

ステップワゴン10万キロ買取相場

ホンダステップワゴン10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜120万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのステップワゴンでも高く買取してもらうには?

 

ファミリーカーの定番モデルとなったミニバン、その中でも一番ファミリーカー色が強い中型ミニバンはどの自動車メーカーのものでも大人気です。

 

日産ではセレナが、トヨタではノア・ヴォクシー・エスクァイア3兄弟が、そしてホンダにはステップワゴンがあります。
中型ミニバンを語る時には必ずこの3モデルが出てきて比較などをすることになりますが、新車市場では相変わらずのトヨタの販売戦略の猛攻撃を受けて、ノア・ヴォクシー・エスクァイア3兄弟が爆発的に売れており、次にセレナ、そしてステップワゴンといった順番になりますが、中古車市場では一転して、セレナとステップワゴンの戦いとなっています。

 

逆にどうしてのノア・ヴォクシー・エスクァイア3兄弟が中古車市場では人気がないのかというとそれは作りに悪さ、特にボディが軟なため、中古車市場に出回るぐらいの年式、走行距離では既にゆがんでいることが多いから、そしてもう一つは、隠れた故障が非常に多いTHS-IIを搭載したハイブリッドモデルがたくさん入って来るからです。

 

特にハイブリッドモデルの流入は中古車市場に大きな影響を与えています。
新車市場では、あえて高いお金を出してまるで宗教のようにこぞってハイブリッドモデルを購入していますが、それが数年後にはそのほとんどが中古車市場に流れてきます。
その理由は、飽きたからとか見た目がどうのということではなく、ハイブリッドシステムの故障にあい、保障をつかい無料で直したはいいが、実費だといくらになるのかという金額を聞いて将来的に怖くなったから、そして、それがしばしば起こることから信頼性が薄れたから、そして極めつけは思ったほど燃費がよくないからです。

 

これだったらガソリンエンジンモデルを買った方がよかったなどという方がほとんどで、ノア・ヴォクシー・エスクァイア3兄弟を売った後に同じモデルのガソリンエンジンモデルや他社の車を買う羽目にあっているようです。
ということはそれだけたくさんのノア・ヴォクシー・エスクァイア3兄弟出てきているということですが、中古車市場では新車以上に故障の頻度などを気にすることが多いので、そういった話は耳に入っており、それらの中古車を買わなくなるため、人気が落ちるわけです。

 

そしてその代わりに故障がほとんどない簡易型ハイブリッドシステムを持つセレナかガソリンエンジンモデルのステップワゴンから選ぶことになり、両者の中古車市場での価値が上がるのです。
特にステップワゴンは、無難で落ち着いたデザインが取られているのでファミリー層にあっているようです。

 

このモデルで10万キロという走行距離は早い人で3年目あたりで迎えることになるでしょう。
休みの日の家族サービスだけに使ったとしてもまとめて長距離を乗ることが多いのでこれぐらいで10万キロになるかとおもいます。
10万キロのものですとおのずと価値が落ち、買取金額も下がることになりますが、ファミリーカーということで需要が多いため、3年落ちで120万円ぐらい5年落ちで95万円ぐらいといったなかなかいい金額で買い取られるようです。
高くなる場所は大衆車ですので一般の買取店となりそうです。