フィット10万キロ買取相場

MENU

フィット10万キロ買取相場

ホンダフィット10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜50万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのフィットでも高く買取してもらうには?

 

シビックに代わってホンダの主力モデルとなったのがこのフィットです。
当時、一番売れている車として有名だったトヨタのカローラの販売台数を発売から短期間で追い抜いたほどの爆発的な売れ方をしたことでもよく知られていますが、そのモデルから15年以上経った今でもその人気ぶりは続いています。

 

特に2013年のモデルチェンジによって生まれた3代目フィットは、新しいハイブリッドシステムの採用によって初代モデルが発売された時のような爆発的な売れ方をしました。
販売からすぐに度重なるリコールで信頼性を失いつつありましたが、現在ではそれも一段落して大衆コンパクトカーとしての大ヒットモデルとなっています。

 

しかし、この車は中古車市場ではかなり価値が低い車となります。
新車市場でこれだけ売れているのだから中古車市場でも需要が高く、価値も高いのではないかと思われがちですが、実際にはその全く逆で価値は低くなります。
その理由は2つ、1つは新車市場で爆発的に売れたことで中古車市場に入ってくる台数が非常に多くなっているからです。
人気が高くてもそれ以上の数があれば価値は下がるものです。
そしてもう1つは、中古車で買わなければならない価格帯の車ではないこと、フィットはハイブリッドモデルをあわせても130万円台から240万円ぐらいといった価格帯を持ちますが、これくらいの価格であれば、例え100万円安い中古車があったとしてもたぶん新車をローンで買う方を選ぶと思います。
これが300万円も400万円もするような車であれば、新車の購入をあきらめて中古車を買う人もいるかと思いますが、これくらいの金額であればそういう人の少なくなるというわけです。

 

この2つの理由は、供給の増加、需要の低下を表すことになるわけで、この2つが揃うということはおのずと価値の低下が始まるということになります。

 

価値が下がれば買取店などの買取金額も下がることになるのは当然でそして更に10万キロというハンデを背負ったモデルではかなり安くなるとみていいでしょう。
10万キロのもので3年落ちで50万円ぐらい5年落ちで35万円ぐらいとなると思われます。

 

フィットは大衆コンパクトカーですのでもともとの潜在的な価値が低い車で、それに輪をかけて需要の低下と入ってくる台数の増加という状況、そして10万キロという条件があるのではこれぐらいが妥当な金額となってしまうわけです。

 

このモデルで比較的高く売れるのは、ちょっと特殊な需要なのですが、1.5リッターガソリンエンジンモデルのRSグレード、これはフィットの中でもいわゆるスポーツグレードとなるもので、マニュアルトランスミッションモデルも用意されていて、実際にも全日本ラリー選手権などに使われている車です。
スポーツモデルとして競技車両としての需要があるため、スポーツモデル専門店とか競技者専門店といったところで売るのであれば多少は高くなる可能性があります。