フリードハイブリッド10万キロ買取相場

MENU

フリードハイブリッド10万キロ買取相場

ホンダフリードハイブリッド10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜85万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのフリードハイブリッドでも高く買取してもらうには?

 

小型ミニバンといえば、今でこそこのフリードとトヨタのシエンタということになりますが、シエンタがモデルチェンジする前までは、小型ミニバンの代名詞といえばホンダのフリードでした。

 

これはトヨタが小型ミニバンを侮っていたことから起こった状況なのですが、当時トヨタは中型ミニバンより小さなミニバンはそれほど売れないだろうと踏んでいたらしいのです。
キャビンが広くて3列シートを持つミニバンにはそれなりのボディサイズが必要で、コンパクトカーサイズのボディしか持たない小型ミニバンに需要が集まるとは思っていなかったのです。
その結果が初代シエンタを見るとよくわかります。
とりあえず3列シートを持ち、スライドドアを持つことで小型ミニバンのスタイルは保っていますが、サードシートなど名ばかりでまるで観光バスの補助席レベルのつくりしかされておらず、座り心地より畳んだ時にスペースを気にする作りになっていたのです。
要するにトヨタは小型ミニバンでありながらトールワゴンとして使われることが多いだろうと踏んでいたわけです。
小さな子供が乗ることが多いミニバンですから、それなら子育て中のお母さんが乗るような女性らしいつくりにしたらどうだということで売られたのが初代シエンタだったのです。

 

しかし、このトヨタの予想は見事に外れました。
小型ミニバンを小型ミニバンらしく作ったフリードが大ヒットしてしまったのです。
ここからフリードの時代が始まります。
フリードは2代目フィットの派生モデルとしてフィットの部品を多用して作られたモデルでしたので、フィットのハイブリッドモデルが出されるとこのフリードにハイブリッドモデルを作ったのでした。

 

フィット同様に効率的にはあまりよくないIMAというハイブリッドシステムを搭載するハイブリッドモデルでしたが、消費者が「ハイブリッド」という言葉に過敏に反応する時代だったためそれでも人気が高く、ガソリンエンジンモデルと同じように高い販売台数となりました。

 

現在はフリードもモデルチェンジを行って新しい2代目モデルとなり、ハイブリッドシステムもより効率の良いものになりましたが、中古車市場で中心となるものは初代モデルとなります。
ただ、だからといって需要が少ないというわけではなく、むしろ多いようで価値も高く、買取店での買取金額も年式や走行距離の割には高くなっています。

 

10万キロぐらいの走行距離となるものは早くても3年落ちぐらいからでしょう。
3年落ちで85万円ぐらい5年落ちで70万円ぐらいといった金額が10万キロそこそこの走行距離を持つフリードハイブリッドの買取金額の最高額となります。

 

高くなるのは6人乗りより7人乗りのほうです。
これが中型ミニバンぐらいのキャビンの広さがあればセカンドシートがキャプテンシートでもいいですが、フリードハイブリッドのようなキャビンが狭いミニバンでキャプテンシートにしてしまうと結局は狭いサードシートを使うことになってしまうため、それを避けるためにベンチシートの7人乗りを選ぶ方が多く、需要が集まるのです。