フリード10万キロ買取相場

MENU

フリード10万キロ買取相場

ホンダフリード10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜80万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのフリードでも高く買取してもらうには?

 

日本のミニバンにはボディサイズやエンジン排気量などによって3つのカテゴリーに分けられます。
一番大きいのは大型ミニバン、3ナンバーボディを持ちエンジン排気量も2リッターオーバーで、2.4リッター、2.5リッター、3リッター、3.5リッターといった大きなものを搭載します。
次に大きいのが中型ミニバンで、ぎりぎり5ナンバーボディを保っているかわずかに大きい程度のボディに2リッター前後のエンジンを搭載しているもので、ファミリーカーであるミニバンの中核をなすモデルです。
そして一番小さいのが小型ミニバンで、ボディサイズは5ナンバー枠に収まり、エンジンも1.8リッター未満といったもので、3列シートは構えていますが、サードシートはエマージェンシーシート的な感じで扱われ、普段は荷物沖になることが多くなります。

 

これらのカテゴリーにはそれぞれ複数の自動車メーカーから複数のモデルが発売されていますが、過去に小型ミニバンだけは事実上、1車種しか発売されていなかった時代がありました。
それがこのフリードです。

 

小型ミニバンとしてはトヨタからシエンタというモデルが発売されていたのですが、トヨタはそのシエンタの作り方、売り方を間違えたようで、消費者からは小型ミニバンとは見られずに女性向けのトールワゴンとしてしか見られていませんでした。
それによって中型ミニバンほど大きな車は必要ないがトールワゴンでは狭すぎるといった小型ミニバンがちょうどよい方が選ぶにこのフリードしかなかったのです。
当然ながら大ヒットしました。

 

このモデルには一応ハイブリッドモデルがありましたが、2代目フィットベースのモデルということで効率があまり良くないIMAというハイブリッドシステムが搭載されていますので、ハイブリッドモデルを買う方よりもガソリンエンジンモデルを買う人の方が多く、当時のフリードのほとんどがガソリンエンジンモデルだったようです。

 

しかし、2015年にライバルであるトヨタのシエンタが久しぶりのモデルチェンジを行い、トヨタも小型ミニバンとしての車作りに徹し、更にアクアのハイブリッドシステムをそっくり移植したハイブリッドモデル作ったことから、小型ミニバンの人気は二分しました。
フリードもその後、フルモデルチェンジを行い、ベースも3代目フィットとなったことからハイブリッドシステムもスポーツハイブリッドi-DCDとなりましたし、使い勝手も良くなりましたが、トヨタの巧みな販売戦略によって逆転現象を引き起こすこととなっています。
逆に言えば今までがおかしかったので、こういった争いがあるのが普通だといえるのではないでしょうか。

 

中古車市場では依然として前のように小型ミニバンでフリード一強となっており、先代シエンタを買う人は非常少ない人数となっています。
ただ、これから新しいシエンタが中古車市場に大量に流れ込むとこの状況も変わってくることとなり、新車市場のように需要を二分する形となることでしょう。

 

今のところは中古車としての価値も高く、買取店でも積極的に買い取っているので金額もそこそこ高くなる傾向を持ちます。
10万キロも走ったモデルでも買取金額は低くなく、3年落ちで80万円ぐらい5年落ちで65万円ぐらいで買い取られています。