CR-V10万キロ買取相場

MENU

CR-V10万キロ買取相場

ホンダCR-V10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜160万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのCR-Vでも高く買取してもらうには?

 

今現在、日本の自動車界は空前のクロスオーバーSUVブームとなっていますが、その先駆け的なモデルとなるのがこのホンダのCR-Vではないでしょうか。

 

クロスオーバーSUVというのは、ラダーフレームを使って作られたSUVに対してモノコックボディを使って作られたSUVのことを言うのですが、もともとはオフロード走行を伴ったアウトドアレジャーに行くための車として作られたものなのですが、モノコックボディを使って作れるということから自動車メーカーがそれに甘えてしまい、それまでワゴンとかセダンとして販売していたものの車高を上げてだけでクロスオーバーSUVとして販売するようになってしまいました。

 

トヨタのアクア・クロスオーバーやC-HR、ハリアー、マツダのCX-3、CX-5などがそうですが、そういったモデルを「なんちゃってクロスオーバーSUV」といい、本格派のクロスオーバーSUVとは分けて扱われています。

 

CR-Vは当初はクロスオーバーSUVとしてしっかりと作られていました。
シビックのプラットフォームを利用して作られていましたが、シビックそのままということではなく、悪路走破性もちゃんと考えられて作られていたのですが、3代目モデルあたりから周りに飲み込まれて行ってしまい、3代目モデルや現時点での最終モデルとなる4代目モデルでは完全になんちゃってクロスオーバーSUVとなってしまい、オンロードを走る車となってしまいました。
しかし、不思議なことにオンロード向けになってからの方がよく売れたのです。
これは日本ではそもそもクロスオーバーSUVが必要なかったからで、見た目だけでよかったということだったようです。

 

現在の中古車市場にあるCR-Vやよく入ってくるCR-Vはやはり3代目モデル、4代目モデルが一番多くなっていて、中古車の需要としてもこの頃のモデルが人気が高いため、中古車市場としての価値も高くなっているといっていいでしょう。
買取店では生産終了となったモデルをあまり買いたがらないのですが、かなり人気のあるこのCR-Vは別、3代目モデル以降のものであれば、それが10000キロであろうが10万キロであろうが何でも買取ります。
それだけ中古車市場に求められているということなのです。

 

もちろん10万キロのものでも比較的高額買取となり、2リッターエンジンモデルが3年落ちで130万円ぐらい5年落ちで110万円ぐらい、2.4リッターエンジンモデルが3年落ちで160万円ぐらい5年落ちで130万円ぐらいといった金額になります。
このモデルを売るのに一番適しているところは一般的な買取店です。
クロスオーバーSUVということでSUV専門手などに持ち込みたくなるのはわかりますが、完全なオンロード志向のクロスオーバーSUVですので、SUVとは認められないことが多く、そういったところに車を買いに来る人もCR-Vは買いません。
買わないということは店舗も買い取る必要がないということで買取店よりも安くなってしまう可能性があります。