CR-Z10万キロ買取相場

MENU

CR-Z10万キロ買取相場

ホンダCR-Z10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜110万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのCR-Zでも高く買取してもらうには?

 

トヨタから初代プリウスが発売され、偽善者が買う車といわれて販売台数が延びず、懲りずに2台モデルを発売し、3代目モデルを発売した時にどういうわけかタイミングを合わせたかのようにエコカー補助金、エコカー減税が始まり、ハイブリッドカーを悪く言わなくなった、というか言えなくなった時代にホンダからもハイブリッドモデルが続々と発売されていました。
対プリウスとして発売したのがフィットのハイブリッドモデル、トヨタのTHS-IIとはちょっと違うタイプのIMAというハイブリッドシステムを搭載したモデルで燃費向上に関してはTHS-IIにはかないませんでしたが、動力性能的にはTHS-IIより優れて一面を持っていました。
そのIMAの性質をうまく利用して発売されたのがこのCR-Zです。

 

トヨタにはなかった国産車で初めてとなるハイブリッドスポーツモデルで、IMAがエンジンを主体としたハイブリッドモデルであることを利用し、電気モーターのアシストを燃費性能の向上に使うのではなく、モアパワーのために使う形としたモデルです。

 

このモデルが発売されて当時はハイブリッドモデルといえば低燃費のための車としてしか見られていなかったのでスポーツモデルとして発売されたCR-Zはかなり注目を集めました。
しかし当時はまさにスポーツモデルが全く売れない時期で注目は集めたものの、それが販売台数に繋がらず、そのまま2017年1月の生産終了まで鳴かず飛ばずといった感じで売られていました。

 

はっきり言って人気はなかったと思います、低燃費を狙ったハイブリッドモデルとしても性能はいまいちでしたし、スポーツモデルとしてもエンジンパワー120psと電気モーターパワー20psでは元気な走りなどできません。
ハンドリングはまあまあ良かったようですが、スポーツモデルである以上パワーがないのでは魅力も半減してしまいます。

 

現在の中古車市場にはあまり入ってきていない様子ですがそれもそのはず、ほとんど売れていませんので入ってくるはずもないでしょう。
逆に需要はどうかというとこちらもあまり多くなく、低い需要に低い供給量といった形で安定しています。
生産終了となったことで、極端に供給量が増えることもなく、かといって需要も高まることもないので、ずっとこのままの状態でいることになり、買取店でもあえて好んで買おうとはしていないようです。

 

買取金額は全体的に低め、10万キロ走行のものもかなり安くなり、3年落ちで110万円ぐらい5年落ちで60万円ぐらいと厳しいものとなるでしょう。
買取金額をさらに高めるにはとりあえず、スポーツモデル専門店をあたってみましょう。
だいぶ価値が落ちているのでこういったところでもどれだけ高くなるかわかりませんし、果たしてこの車をスポーツモデルとして扱ってくれるかわかりませんが、少なくも買取店と同じぐらいにはなると思いますので、高くなる可能性があるのであればあたってみるのも悪くないかと思います。