アテンザ10万キロ買取相場

MENU

アテンザ10万キロ買取相場

マツダアテンザ10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜150万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのアテンザでも高く買取してもらうには?

 

マツダのフラッグシップモデルとなるアテンザも他のマツダの大衆車と同じように販売台数が伸びていません。
これはマツダ車全体に言えることなのですが、あまりにも日本市場をないがしろにしているからです。

 

マツダの商売相手はもっぱらヨーロッパ市場で、車を作る時にも日本人のことなど全く考えていません。
まるで海外の自動車メーカーが無理やり右ハンドル仕様を作ってそれを日本に輸出して売っているようなものです。

 

心がこもっていない車が売れるわけありませんし、それに長年、自動車メーカーをやってきて、日本人がどういった車を好むのかを知っているはずなのに2.2リッターのディーゼルエンジン搭載モデルを用意したことも売り上げがよくない一つの理由でしょう。

 

わずかに燃料単価が安いだけで、燃費は特によくない、排気ガスはやっぱり臭い、静かだといってもこちらもやっぱりうるさい、振動も多いということでは日本で売れるわけがありません。
新車市場ではこういった理由であまり売れていないアテンザ、これは中古車市場でも同じです。
初代モデルから現行モデルまで、あえてこのモデルを買いに来る方はほとんどいません。
しいているとすれば、これはかなり昔のモデルとなりますが初代モデルの時にあったスポーツモデルであるマツダスピードアテンザだけ、スポーツモデルがどんどんなくなっていく時代でこういった車は貴重です。

 

ただ積極的な需要があるのはこのモデルだけであとはすべて惰性による需要だけとなりますので、アテンザ全体の中古車市場における価値は高くはありません。
特に10万キロという走行距離を持つ車は欲しがる人があまりいませんので買取金額も同クラスのモデルと比べると低めです。

 

2リッターガソリンエンジンモデルが3年落ちで130万円ぐらい5年落ちで80万円ぐらい、2.5リッターガソリンエンジンモデルが3年落ちで140万円ぐらい5年落ちで90万円ぐらい、そして現行モデルから追加されたディーゼルエンジンモデルが3年落ちで150万円ぐらい5年落ちで120万円ぐらいで買い取られています。

 

人気のないディーゼルエンジンの買取金額が一番高くなっている理由は新車市場で売れていないことからくる中古車台数が少ないこと、そして比較的車両価格が高いことで、中古車市場で人気が一番高いからというわけではありません。

 

このモデルも高く売れるような場所はありません。
ごく普通の大型大衆セダンですので、これといった特別な需要があるわけではありませんし、海外輸出にしてもたいしたことはない、マニアックな車でもないということで、結局は普通の買取店で売ることになってしまいます。

 

売る直前になって何かしたとしても買取金額など上がりませんので、アテンザも他のマツダの大衆車のように、買取店を複数あたって査定額を取りそろえ、その中から一番高い査定額を出したところで売るしかありません。
これがアテンザに残された唯一の高額買取術になると思います。