デミオ10万キロ買取相場

MENU

デミオ10万キロ買取相場

マツダデミオ10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜100万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのデミオでも高く買取してもらうには?

 

マツダの最小モデルとなるのがこのデミオ、当初はトールワゴンモデルとして売られていましたが、3代目から一転してコンパクトハッチバックモデルとして売るようになりました。
実はデミオが人気となったのはその3代目モデルが発売されたからのことだったのです。

 

ただこの頃のデミオは走行性能など全く考えていないかのような、エコ一辺倒のつくりしかされておらず、エコブームがあったから売れたものの、エコブームがなければきっと売れない車で終わってしまったでしょう。
その流れをくむのが現行モデルでデザインの統一、ディーゼルエンジンに採用といった一連のマツダのやり方に則って作られた面白味ない車となっています。

 

デミオがいるコンパクトカークラスには日産からノートやマーチ、トヨタからはヴィッツ、ホンダからフィットといった強力なライバルが存在しますが、その中で見ると目立たない存在であって、更に日本人が好まないディーゼルエンジンを持っているということで車としての魅力に少し欠ける部分があります。

 

一方で高い需要を持つのが経済的に恵まれていない方からです。
経済的に恵まれていない方から人気があるといっても価格が安いということではなく、このデミオを買いさえすれば、格上のアクセラやアテンザと同じデザインを手に入れることができ、ごまかしがきくという意味です。

 

車を知っている方には通用しませんが、車の車種すら知らないような方でしたら、デミオでもアテンザでもアクセラでもCX-3でもCX-5でもCX-9でも全て同じ見えます。
要するに格上モデルに乗っているかのように見せることができるということで関西地方を中心にそういった需要があります。

 

中古車市場での同じような需要形態ですが、この傾向の需要はさらに強くなります。
ですのでこの車は、地域によって価値の違いが大きく、高くなるのは愛知県から関西地方と地域となりますので、高く売りたいのであれば、あまり現実的ではありませんが、そういったところの買取店で売るといいのかもしれません。

 

10万キロとなるものは年式的に現行モデルの可能性もありますが、多く出るのはやはり先代モデルとなります。
残念ですが先代モデルは現在の中古車市場ではあまり高い価値を持ちませんで買取金額も低めとなります。

 

10万キロのもので、1.3リッターガソリンエンジンモデルが3年落ちで60万円ぐらい5年落ちで30万円ぐらい、1.5リッターエンジンモデルが先代モデルのもので40万円ぐらい、現行モデルのディーゼルエンジンモデルで100万円ぐらいとなります。

 

高く売る方法は先ほど言いました通り、地域性の高い特殊な需要がある関西地方を中心として地域にある買取店で売ることが一番ですが、それが無理ならどこにでもある買取店で査定額を比較の上、売ればいいでしょう。

 

ちなみに1.5リッターガソリンエンジンモデルでは一部で競技用モデルとしての需要もありますのでそれだけは競技車両を取り扱っているところで売るといいかもしれません。