ビアンテ10万キロ買取相場

MENU

ビアンテ10万キロ買取相場

マツダビアンテ10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜120万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのビアンテでも高く買取してもらうには?

 

日産ではキャラバンの後継モデルとしてエルグランド、バネットの後継モデルとしてセレナ、トヨタではハイエースの後継モデルとしてアルファード兄弟、タウンエース兄弟の後継モデルとしてノア3兄弟、三菱ではデリカの後継モデルとしてデリカD:5といった具合で日本のミニバンのほとんどが過去に発売されていたワンボックスワゴンの後継モデルとして存在しているわけですが、このマツダのビアンテはそういったものとは全く違う、最初からミニバンとして開発されたモデルです。
といってもベースがある派生モデルなのですが、格下モデルとなる中型ミニバンのプレマシーをベースとして作られています。
プレマシーは2リッターエンジンを搭載した中型低ルーフミニバンですが、こちらは大きな背の高いボディを持つ、大型トールミニバンとして作られていて、マツダの大型ミニバンクラスの中ではトールミニバンがビアンテ、低ルーフミニバンがMPVといった形で需要を分け合っている形となります。
ただ、このモデルは普通の大型ミニバンではなく、2.3リッターエンジンの他に2リッターエンジンも用意されていて、マツダにはない中型トールミニバンも兼ねたモデルとされているのです。
これでマツダのミニバンシリーズは安泰だ・・・とマツダは思ったかもしれませんが、日本の消費者はそれほど甘くはありません。
大型ミニバンと中型ミニバンを兼ねたようなモデルと大型ミニバンとして作られたモデル、中型ミニバンとして作られたモデルを比較した時の良し悪しの判断ぐらい付きます。

 

同じ洗剤でもトイレ用と書かれていればトイレ用として購入し、キッチン用と書かれていればキチン用として購入してしまう日本人、汎用品より専用品を好む日本人、こういった方たちを相手に商売しているわけですからこういったモデルを作っても売れないわけです。
しまいにはあまりにも売れないことから2.3リッターエンジンモデルを廃止して2リッターエンジンモデルだけとした始末です。

 

ここまで売れないとさすがに中古車市場でも売れません。
デザインがちょっと変わっていて、悪い車ではないのですが他のモデルと比べるとどうしてもいろいろな面で見劣りしてしまうのは否めません。
買取店はミニバンを好んで買うものですが、このビアンテはあまり好んで買い取ろうとはしていないようで、買取金額は年々低くなる一方、10万キロなどかなり安くなってしまい、3年落ちで120万円ぐらい5年落ちで74万円ぐらいにまで落ち込んでしまっています。

 

この金額をさらに高めるには・・・これはこの車にとって非常に難しい話です。
直接何かすることができるということではありませんが、売る場所を吟味するのが一番いいかと思われます。
インターネット上にある一括査定サイトをうまく利用して、複数の買取店で実際に査定を受けて、出された査定額からできるだけ高く買取ってくれる買取店を見つけてそこで売るしかないでしょう。