ロードスター10万キロ買取相場

MENU

ロードスター10万キロ買取相場

マツダロードスター10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜130万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのロードスターでも高く買取してもらうには?

 

国産車の中でわずかに残るスポーツモデル、そのスポーツモデルの中で唯一、ライトウェイトオープンスポーツモデルとして発売されているのがこのマツダのロードスターです。

 

ロードスターは現行モデルが4代目モデルとなりますが、これまで一貫してライトウェイトオープンスポーツとして作られてきたわけですが、そもそも日本人はオープンモデルを好まない中で、更にスポーツモデルが売れないといった環境下でもずっと作り続てきたのは立派です。

 

3代目の時にライトウェイトという観点を忘れたのかと思うぐらい、ボディは大型化さら、エンジンも2リッターまで拡大されてしまい、「ライトウェイトスポーツ危うし!」となった時代がありましたが、現行モデルではそれを反省したのかまた一回り小さなボディに1.5リッターエンジンを搭載するモデルとなりました。

 

このモデルはスポーツモデルなのですが、その中でもどちらかというとスポーツというよりはスポーティーなハンドリングを楽しむ車といった性格が強いものです。
そもそもマツダには過去にRX-7とかRX-8といったハイパワースポーツモデルがあり、その格下モデルとしてこのロードスターがあったわけで、最初からハイパワーなエンジンが必要なく、200psに届かないNAエンジンを搭載する車として作られてきました。
パワーがないのにスポーツモデルとして売ることが難しいということで、ものは取りようですが、今度はハンドリングマシンとして売るようにしたわけです。
この手段は過去にトヨタのAE86が取った手法で、パワーの無いエンジンを搭載していることを逆手にとってハンドリングを楽しむ車として売っていました。
そしてそれがむしろ「通な乗り方」であるかのような風潮をも生み出しました。
それと同じ方法で売っているのがこのロードスターなのです。

 

ですので、スポーツモデルでもパワーを望む方、チューニングをしてパワーアップをしようとする方には好まれませんし、需要の偏りも生み出します。
現行モデルの新車の売れ方を見てもまさにその通りで、スポーツモデルが欲しいからという方が必ずしも買う車ではなく、その中でごく一部の方に好まれているといった感じです。

 

中古車需要も同じで、価値が高いとされているスポーツモデルの中では価値は低めで、買取金額も他のスポーツモデルと比べて安くなります。
10万キロのものではさらに安くなり、3年落ちで130万円ぐらい5年落ちで100万円ぐらいにしかなりません。

 

売る場所は買取店よりもスポーツモデルを専門的に扱うところがいいかと思います。
足回りなどをいじっている場合は取り外して車は車で売って、部品は部品だけで売った方がトータルで高く売ることができますので、一度ノーマルに戻してから売却した方がいいでしょう。

 

モデル的な面ですが、ソフトトップモデルよりハードトップやリトラクタブルハードトップモデルの方が、オートマチックトランスミッションモデルより、マニュアルトランスミッションモデルの方が高くなるようです。