AZ-オフロード10万キロ買取相場

MENU

AZ-オフロード10万キロ買取相場

マツダAZ-オフロード10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜50万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのAZ-オフロードでも高く買取してもらうには?

 

マツダのAZ-オフロードは既に販売が終了されているモデルですが、中古車市場ではそこそこ人気を持つ軽自動車です。

 

このモデルはスズキから供給されているOEMモデルで、スズキではジムニーとして販売されています。
ジムニーといえば、国産車で一番悪路走破性が高い車といわれているクロスカントリー4WDで、ラダーフレームにパートタイム4WDシステム、前後リジットサスペンションという典型的なオフロードモデルとして作られているものです。
強靭なラダーフレーム、高いトラクション性能を持つパートタイム4WD、ストロークが長く丈夫なリジットサスペンション、これらすべてのものを持つ車は国産車でジムニーだけです。

 

悪路走破性の高さからクロスカントリー競技ではワンメイクレースになるぐらいの競技車両としての人気もあり、それをそっくりそのまま受けて販売しているのがマツダのAZ-オフロードなのです。

 

新車市場ではすでに売られていませんが、中古車市場ではジムニーの代わりとして購入するといった需要があります。
ジムニーは中古車市場で非常に人気が高く、特にオフロードマニアとか、実際にクロスカントリー競技に出場している人などから良く買われています。
しかし、新車市場ではハスラーのようなクロスオーバーSUVの台頭によって、本格的なクロスカントリー4WDモデルを買わなくなった傾向となり、ジムニーの販売台数が年々減少しています。

 

新車が売れなくなっているということはそれともなって中古車市場に入ってくる車の台数も少なくなるということで、年式や走行距離、状態などに細かくこだわるとジムニーの中で適当なものを探すことができなくなります。
そこで、ジムニーではなく、AZ-オフロードを買うということにつながるわけです。
ジムニーとAZ-オフロードの違いはバッジエンジニアリングですのでほとんどなく、それこそエンブレムぐらいしか違いませんので、ジムニーと全く同じ感覚で買えます。

 

もちろん走行性能も動力性能も全く同じ、そしてジムニーオーナーならまずやっているだろうと言えるチューニングやドレスアップも車体が全く同じわけですから、発売されている部品も全く同じで、ジムニー用として売られていてもAZ-オフロードにつけることができるのです。

 

AZ-オフロードの方が圧倒的に台数は少ないのですが、ジムニーと比べてあまりメジャーではないので意外と台数があったりすることがあるので、ジムニーの代用品として最適なのです。

 

そういった需要があるため中古車市場ではそこそこの価値を持ちます。
買取店の買取金額にしても10万キロのものだとしても3年落ちで50万円ぐらい5年落ちで40万円ぐらいで買い取られることになります。
ただし、この金額は一般の買取店での金額で、これがオフロード専門店とか4WD専門店といったところであると1割から3割程度高くなることもあります。
こういったところであればもちろん後付けされたパーツも評価されることになります。