スマート10万キロ買取相場

MENU

スマート10万キロ買取相場

メルセデスベンツスマート10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜30万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのスマートでも高く買取してもらうには?

 

スマートという自動車は、メルセデスベンツの車ではなく、正確にダイムラーの1子会社といった形で存在するもので、メルセデスベンツとは親会社を共通とする以外はなんの接点もありません。

 

スマートというのはもともとは時計メーカーのスウォッチが発起人となり、それにダイムラーが参加したことで始まった自動車メーカーです。
その後、業績悪化のためにスウォッチが手を引き、すべてがダイムラーの手によって運営されているのが現在のスマートということになります。

 

この自動車メーカーではいわゆるマイクロカーという非常に小さな車を作るところで、軽自動車より短い全長を持つ2人乗りのボディに1000cc前後のエンジンを搭載するフォーツー・クーペに代表されるような非常に小さなモデルをいろいろ作っています。
日本にも時々まとめて入ってくることがあるのですが、はっきりいって日本では人気がありません

 

人気のない理由はたった一つ、日本には軽自動車があるからです。
軽自動車というのは日本独自の自動車文化ですので、海外では絶対に存在しない規格です。
もちろんスマートの本国であるドイツでもそうで、一番小さな量産車といってもフォルクスワーゲンのup!ぐらいの大きさとなってしまいます
そういった自動車環境の中で、スマートというのは小さくて小回りも効き、経済的で・・・といったようにいろいろなメリットがもたらされるかと思いますが、軽自動車のある日本では、フォーツー・クーペよりは全長は長いですが、全幅が狭くなっているので路地の多い日本では重宝しますし、660ccというさらに小さなエンジンを搭載することで優れた燃費性能を持つ、そして何よりも税金が安くてすむといった経済的なメリットが大きい車があるので、価格高いスマートの車を買う人がほとんどいないのです。
買う人といったら金持ちの方のセカンドカーとか奥様用とかお嬢様用に買うといったぐらいで、一般的な需要は皆無といっていいでしょう。

 

新車市場で売れないのであれば、経済的な面で中古車を買わざるを得ない方が集まる中古車市場で売れるわけがありません。
需要もほぼなく、中古車市場に張ってくる台数もかなり少ないので、中古車業界からすれば商売にならない車であり、商売にならない車を喜んで買うほど買取店はもうかってはいませんので、買取金額は全体的に安くなります。

 

これは10000キロ走行でも10万キロ走行のものでも同じで、金額的に期待することはできないと思います。
10万キロ走行のフォーツー・クーペで3年落ちで30万円ぐらい5年落ちで20万円ぐらいと軽自動車よりも安い金額となります。

 

この自動車メーカーのモデルには、一部にマニア的な需要があるため、中古車販売店にもそういったところがあります。
スマート専門とか、マイクロカー専門といった店舗ですが、そういったところで売却すれば、先ほどの買取店での買取金額より多少は高くなるかもしれません。
ただ、フォーツーとはフォーフォーといったモデルは数的に多いのでそれほど高くならず、高くなるのはロードスターとかブラバスモデルといった特殊なモデルだけです。