Bクラス10万キロ買取相場

MENU

Bクラス10万キロ買取相場

メルセデスベンツBクラス10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜145万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのBクラスでも高く買取してもらうには?

 

Aクラスの次にメルセデスベンツが新しく設定してシリーズがBクラスです。
Bクラスは位置的にハッチバックモデルのAクラスとセダンモデルのCクラスの間となるモデルということで作られたようですが、プラットフォームはAクラスの流用、ボディ形状もAクラスと同じハッチバックスタイルといったようにCクラスとはかけ離れており、どちらかというとAクラスよりのモデルとして作られているといっていいでしょう。

 

Aクラスとはほとんどを同じとする兄弟車といっていいぐらいですが、大きく違うのはボディサイズ、Aクラスではコンパクトハッチバックといった感じですが、Bクラスはトールワゴンといった雰囲気を持ちます。
こういったタイプの車は日本にもたくさんあり、慣れ親しんだボディ形状ですのでそこそこ売れるかと思われましたが、その期待を見事に裏切るかのように思ったほど売れませんでした。

 

日本人は輸入車を1つの高級車と見る傾向があります。
それが例えフォルクスワーゲン・ゴルフやBMWの1シリーズだとしてもそういった目で見ることがあります。
高級車であれば、国産車より装備が充実していなければならない、走行性能が高くなければならないということになり、メルセデスベンツのラインナップにおいてもそういった条件に合うのがCクラス以上のモデルなのです。
「メルセデスベンツの車といえるのはCクラス以上のモデル」と車通の中で言われていますが、それもこういったことの表れでもあるのです。
一方でBクラスの下にAクラスというモデルがありますが、そちらはそこそこ売れいているようです。
このモデルもCクラス以下のモデルですので輸入車としての条件にあっていないので売れないように思えますが、実はAクラスの場合は価格が比較的安くて国産車にもよくあるタイプの車ですので買いやすい車となっています。
そしてお金がない方でもとりあえずメルセデスベンツの車の乗っていうといえることになりますのでAクラスを買うメリットがあるわけです。

 

買いやすいAクラスに最低限メルセデスベンツといえるCクラス、どちらもそれなりにメリットがあるのにその間にいるBクラスには何のメリットもないのです。
それが新車需要、中古車需要に繋がっているわけです。

 

中古車市場を見てみるとAクラスほどではありませんがそれなりに台数はあります。
しかし、中古車でBクラスを買おうという方は少なく、圧倒的に供給が優っている過剰な状態となっていて、中古車市場における価値はあまり高くない状態がずっと続いています。
買取金額も平均して低めで10万キロ走行のものとなると3年落ちで145万円ぐらい5年落ちで75万円ぐらいまで下がってしまいます。
まだこの金額がつけばいい方で、初代モデルとなると高くても35万円ぐらいにしかなりません。

 

こういった状態の車を高く売るのは難しいことですが、とりあえず買取店ではなく輸入車専門店で査定を受けた方がいいでしょう。