GS10万キロ買取相場

MENU

GS10万キロ買取相場

トヨタGS10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜200万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのGSでも高く買取してもらうには?

 

トヨタのレクサス店から発売されるGSシリーズはもともとは現在のネッツ店で販売されていたアリストの北米レクサス向けのモデルとしてスタートした車です。
当時はトヨタが国内向けに発売していたモデルを北米レクサスで販売するためにたくさんの兄弟車を作っていました。

 

セルシオがLS、ウィンダムがES、アルテッツァがISといった形で国内向けのモデルに少し手を加えた形で作ったモデルを堂々と海外で販売していたわけです。
その中の1台がこのモデルで、アリストをGSとして売っていたわけです。

 

アリストとGSの関係は、日本国内でアリストが販売終了となるまで続けられました。
GSのモデルでいうところの2代目モデルまで続いたということになりますが、では3代目からはどうかというとそれまでのように国内向けモデルを海外にもっていくだけという形ではなく、一見するとレクサス店オリジナルの車のように見えますが、実はこの3代目モデルからはそっくりそのままレクサス店の車としているのではなく、クラウンのプラットフォームやコンポーネントを使って作られた派生モデルとして販売されたのです。
要するにGSはクラウンのレクサス店バージョンということです。
一応、クラウンとは違うボディ、違うインテリア、違うエンジンバリエーションを持っていますが、基本の部分は全く同じです。

 

新車市場での人気傾向ですが、ここ最近はあまり良くありません。
実は3代目モデルが発売された当時は日本でレクサス店が新たに設けられ、北米レクサスと同じモデルが買えるということと、アリストとの縁が切れた独立したモデルとなったということでクラウン以上の高級モデルを求める方に買われていたのですが、だんだん化けの皮が剥がれてきて、結局は今度はクラウンの派生モデルであることが広く知られるようになってからは、「高額なクラウン」「無駄遣いのクラウン」といったような感覚が広まったことで、買う人が激減したようです。
現在もそれが続いており、このGSを買う人は、クラウンの派生モデルで買うこと自体が無駄であるということを知らない方だけとなっています。

 

中古車市場でも同じ傾向がありますが、思ったほど中古車価格が高くないので、クラウンの延長線上にある車としてよく買われていますが、やはり新車市場と同じように「結局はクラウン」ということでクラウンを買う人も出る始末です。

 

買取店でもあくまでもクラウンと同じような扱いで買取を行います。
新車価格がクラウンより100万円以上高くても買取金額が100万円高くなるわけではなく、需要の低い車として買い取られています。

 

このモデルにはガソリンエンジンモデルとハイブリッドモデルがありますが、数万キロ取った程度の走行距離では若干ハイブリッドモデルの方が高く買取られています。
しかし、10万キロ走行となるとそろそろ故障が気になってくるハイブリッドモデルの需要が無くなってくるため、ガソリンエンジンモデルとの差額が非常に少なくなるようです。
10万キロ走行のGS250が3年落ちで160万円ぐらい5年落ちで100万円ぐらい、ハイブリッドモデルのGS450hが3年落ちで200万円ぐらい5年落ちで120万円ぐらいとなります。

 

買取金額をさらに高めようとするのであれば、一般の買取店ではなく、トヨタの息がかかったT-UPで売却するか、トヨタの新車を買う予定があるのであれば下取りでもいいでしょう。