SC10万キロ買取相場

MENU

SC10万キロ買取相場

トヨタSC10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜100万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのSCでも高く買取してもらうには?

 

北米レクサスが開業してから初めてのクーペ専用モデルとなったのがこのSCです。
といっても、実はこの車は北米レクサスや国内のレクサス店だけで販売されているモデルではなく、トヨタ店やトヨペット店でもソアラとして買うことができました。

 

当時のレクサス店は北米レクサスで販売する専用モデルと国内で販売していたものに手を加えてレクサス店用のモデルとしたものの二通りがありました。
SCはソアラのレクサス店バージョン、北米レクサスバージョンといっていいものでほとんど同じ状態で、むしろソアラよりエンジンバリエーションが少ない形で売られていました。

 

ご存知かと思いますがソアラは景気がよかった時代にあったハイソカーブームに乗って大ヒットしたモデルです。
初代モデル、2代目モデルも一種のステータスシンボルのような扱いを受けて爆発的に売れていました。
しかし、景気が急激に悪くなったこととデザインの悪化から3代目モデルから、からっきし売れない車となってしまい、それは最終モデルとなる4代目モデルまで続き、最後は売れない車となってしまったことから生産終了という形を取りました。

 

SCはソアラの3代目モデルと同じ車ですので、人気傾向としても同じ道を歩いてきました。
本来の居場所である北米レクサスではそこそこ売れたようですが、国内のトヨタ・レクサス店ではトヨペット店やトヨタ店と同じようにほとんど売れない状態が最後まで続いたのです。
確かに同じ車が名前を変えただけで50万円以上も安く買えるのですから相当見栄っ張りな方でない限りSCは買わないでしょう。

 

これは現在の中古車市場でも同じですが、それ以前に2ドアクーペモデル、2ドアコンバーチブルモデル、大排気量エンジン、排気量の割にはパワーがないといったこと時点で売れない車になっています。
仮に中古車販売価格が異常に安くなっていても、大排気量エンジンが搭載されていることでガソリン代はかかるし、自動車税は高くなるといった維持費が高いままですので、維持費のことを特に強く考える中古車購入者からすればそれでもメリットがほとんどないということになってしまうわけです。
そして更に加えて新車の時と同じ買わない理由があるので、今になっても中古車市場で売れない車になってしまうのは当然といっていいでしょう。

 

買取店でも現在のところあまり買取りたがりません。
その理由は買取ってもオークションで高い金額で落札されるかどうかわかりませんし、そもそも落札すら危ういので怖くて買い取れないのです。
そういった気持ちが出るのが買取金額、10万キロ走行となればなお買い取りたくないので、最終モデルとなる2010年式でも100万円に届くかどうかといった具合です。
ちなみに初代モデルでは年式問わず、10万キロ走行のものは買取不能となります。

 

これでは困る、もっと高くしたいという方は買取店は買取店でもトヨタが展開しているT-UPで売るといいでしょう。
T-UPでは自社の車の中古車市場での価値を上げるために損を覚悟で高い金額で買い取ります。
これはトヨタの企業戦略の一環なのですが、そういうことであればそれを利用しない理由はありません。
とっても、若干高くなる程度です。