HSハイブリッド10万キロ買取相場

MENU

HSハイブリッド10万キロ買取相場

トヨタHSハイブリッド10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜100万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのHSハイブリッドでも高く買取してもらうには?

 

トヨタのレクサス店で販売されているHSシリーズはレクサス店以外で発売されているSAIと基本は全く同じ車です。
アルファードとヴェルファイア、ノアとヴォクシーとエスクァイアなどと同じようにHSとSAIは兄弟車となります。

 

この兄弟車は双子といっていいくらい似ています。
違いはボディの外装の付けられている樹脂パーツとインテリアパーツだけであとは全く同じものです。
兄弟車のSAIが超不人気車となっていますので当然ながら全く同じ車のHSが売れるわけがなく、ましてはSAIよりも100万円以上も高い金額をつけて売っているのですからなおさらです。

 

これは中古車市場でも同じで、中古車需要として見てもほとんどないといっていいでしょう。
ですので、中古車としての価値は低く、買取店での買取金額も安くなると思いがちですが、ここはトヨタのある意味での企業努力でそこそこの価値を持つようになっています。

 

これはレクサス店の車やそれ以外の販売店で売られているハイブリッド専用モデルにも言えることなのですが、高級だけが取り柄のレクサス店の車と故障が多く信頼性が低いTHS-II搭載モデルにおいて、トヨタディーラーでの下取り金額やトヨタの買取店T-UPでの買取金額を無理やり高くすることで中古車市場での自社モデルの価値を高めようとする作戦がトヨタグループ内で取られています。
これによって街中でもほとんど見かけることのないようなHSが高値で取引されるようになっていますので、買取金額が極端に低いということは免れることができるでしょう。

 

実際の買取金額も10万キロに達する年式で一番若いものと想定できる3年落ちで100万円ぐらい、10万キロ以上となるものがそこそこ多くなる5年落ちで80万円ぐらいとなります。
これらの金額はトヨタの介入があってからこそ実現できているもので、もしそれをトヨタがしていなかったらどちらも半額ぐらいになっていたことでしょう。
中古車業界に身を置く人の中ではこのモデルがこの値段で取引されていることに頭をかしげている人が結構いるらしく、中古車市場では異例のことであるようです。
トヨタの力、侮れません。

 

ただやはり、一般的にはここまでいい金額にならないようで、半額まではいきませんが8割程度の金額が一般的であるようです。
ただ怖いのはハイブリッドシステムに少しでも不具合を抱えているもの、満充電が80%を切るものは8割どころか全く値がつかない場合もあるようですので、その場合はトヨタディーラーでの下取り、T-UPでの買取をするしかありません。

 

ありがたいことにハイブリッドシステムに故障やトラブルが出ていてもトヨタのディーラーでの下取りやT-UPではそれがなかったかのような金額をつけます。
実はこうしてトラブルが出たものを回収して陰ながら対策品などを用いた修理を行い、それを中古車として売ることができるので、不良車両の回収と対策、不具合の隠ぺい、HSという車の価値の保持、中古車の販売、企業イメージを壊さないといったいろいろなメリットがあるのです。

 

売る側からすればこれをうまく利用したいところです。