アイ10万キロ買取相場

MENU

アイ10万キロ買取相場

三菱アイ10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜42万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのアイでも高く買取してもらうには?

 

三菱は登録車だけでなく、過去から軽自動車を作ることも得意としてきました。
ミニカやeKシリーズ、商用車のミニキャブなどいろいろなモデルを作ってきましたが、その中でも非常に個性のある軽自動車がi(アイ)というモデルです。

 

このモデルはもともと作るつもりがなかった車で、当初は三菱が積極的に開発をしていたEV技術のパイロットモデルであるi-MiEVとして作りました。
そのi-MiEVの車体を使って、EVではなくガソリンエンジンを搭載した普通の軽自動車に作り替えたのがiです。

 

i-MiEVはリヤアクスルの部分にバッテリーや電気モーター、制御装置などを乗せるように設計されており、通常の軽自動車のようにフロントにエンジンを置くスペースを確保できなかったことから、エンジンをリヤアスクルにおくミッドシップレイアウトを持つ珍しい軽自動車として作られました。

 

ボディ自体はi-MiEVと全く同じですので、特徴的な卵型のスタイルを持つ可愛い車として女性ドライバーなどに人気となっていたのですが、ミッドシップレイアウトを採用していたため、他の軽自動車のような実用性を確保することができなかったことや三菱ふそうのリコール隠しの影響から販売台数は伸び悩みました。

 

しかし、ミッドシップレイアウトによる優れた走行性能、特にターンイン時の回頭性の良さは特筆すべきで、そして更に三菱ならではパンチのあるターボエンジンのおかげで箱型軽自動車の中で一番早く走れる車ということが言われるようになり、一部の男性ドライバーから人気となった時代もありました。

 

ただ、絶対的は販売台数はスズキやダイハツ、ホンダの軽自動車よりはるかに劣りますので、現在の中古車市場にもあまり入ってきません。
入ってこない割にはちょっとマニアックな需要があるため、価値は少し高めとなり、買取金額もそこそこ期待はできるでしょう。

 

10万キロ走行のものもなかなか好調で最終モデルとなる2013年式のもので42万円ぐらいとなります。
このモデルにはNAエンジンモデルとターボエンジンモデルの2種類のエンジンバリエーションがありますが、買取金額が高くなるのは、パワーのあるターボエンジンモデルの方です。

 

スズキのワゴンRとかダイハツのムーヴを買うのではなく、あえてこの車を選ぶ方というのはiが持つ優れたスポーツ走行性能を期待して買うわけです。
スポーツ走行をするのであればパワーの無いNAエンジンよりパワーのあるターボエンジン方がいいわけです。
逆にこのモデルでNAエンジンモデルを選んでガソリン代を節約しようというのであれば、それこそこの車でなく、ワゴンRやムーヴなどを買った方がいいということになるわけです。

 

売る場所として妥当なのは普通の買取店でしょう。
軽自動車専門店などがあればなお良しですが、全くないわけではありませんが数が少なく、地域によっては近所に見つけることができない場合がありますので、そういった時は普通の買取店で売るしかありません。