アウトランダー10万キロ買取相場

MENU

アウトランダー10万キロ買取相場

三菱アウトランダー10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜62万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのアウトランダーでも高く買取してもらうには?

 

大ブームとなっているクロスオーバーSUV、各社からいろいろないタイプのクロスオーバーSUVが発売されていますが、その中でオフロード志向のクロスオーバーSUVとして三菱から発売されている大型モデルがアウトランダーです。
このモデルは2005年に初代モデルが発売され、現在で2代目となるモデルが販売されています。

 

三菱の主力プラットフォームであったGSプラットフォームに2リッターと2.4リッターのNAエンジン、そして電子制御式のフルタイム4WDシステム、四輪独立懸架サスペンションを持った上級大型クロスオーバーSUVとして作られていて、オンロード走行もさることながら、オフロード走行性能も高く、クロスカントリー4WDに匹敵する悪路走破性を持っています。

 

この性能は2代目モデルにも受け継がれたわけですが、2代目モデルの時に新たにプラグインハイブリッドモデルが追加されました。
アウトランダーPHEVというモデルなのですが、i-MiEVでつちかったEV技術を古いかして作られてプラグインハイブリッドシステムはバッテリーのリコールなどもありましたが、優れた燃費性能を発揮することになり、現在ではガソリンエンジンモデルよりも多くの台数が売れているようです。
このことから販売の主力はアウトランダーではなく、アウトランダーPHEVとなってしまったのですが、ハイブリッドモデルへの不信感や走行時の違和感をもつ方、故障やメンテナンス性を考える方、より高い悪路走破性を求める方などにガソリンエンジンモデルは好まれていますので、このモデルも需要はそこそこのものがあります。

 

中古車市場でもPHEVを中心に需要があるわけですが、中古車市場ではいまのところ現行モデルではなく初代モデルが中心となっています。
先代モデルで人気が高いのは2009年のマイナーチェンジで採用になった2リッターエンジンモデルで、ランサーエボリューションXに似たデザイン、エボ顔を持ったものが人気となっています。
日本のクロスオーバーSUVの傾向からオンロード志向のローデストモデルも人気で、買取店での買取金額も高めとなっているようです。

 

割合としては少ないですが現行モデルも入ってきています。
現行モデルではもっぱらPHEVがメインですのでガソリンエンジンモデルであるアウトランダーはその分、需要が少なくなってしまうので価値が下がりますが、それでも流行のクロスオーバーSUVということで全体的にそこそこの買取金額が付けられているようです。
10万キロ走行となるとそのほとんどが先代モデルとなりますが早い方で3年ぐらいで10万キロに達する方もいますので、そこから見てみると3年落ちで62万円ぐらい5年落ちで48万円ぐらいといった買取金額になります。

 

この車を売るには一般的な買取店でもいいですが、もっと高く売りたいのであればSUVとかクロスオーバーSUVなどを専門的に取り扱う中古車販売店で売るといいでしょう。
特にタイヤとかホイールとかマフラーとかいろいろ交換している場合はそういったものも評価となりますのでより高くなることでしょう。