ギャランフォルティススポーツバック10万キロ買取相場

MENU

ギャランフォルティススポーツバック10万キロ買取相場

三菱ギャランフォルティス スポーツバック10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜120万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのギャランフォルティス スポーツバックでも高く買取してもらうには?

 

三菱の中型セダンモデルとして発売されていたギャランフォルティス、ランサーエボリューションXの廉価モデルとして作られたものですが、ラインアップの少ない三菱においては中型クラスの主力モデルとされていました。

 

このモデルはセダンボディだけを持つモデルだったのですが、発売から約1年後にあたる2008年の年末に新しいボディバリエーションのキャランフォルティス スポーツバックというモデルを発売しました。
スポーツバックというのはいわゆる5ドアハッチバックセダンモデルのことで、トランクの代わりに大きく開くハッチバックを持つものです。

 

スポーティーとハッチバックをあわせて作った造語ですが、セダンのギャランフォルティスとはまたちょっと違った雰囲気を持つ車でした。
これはベース車両のランサーエボリューションXにはありませんので、ギャランフォルティスシリーズだけのものとなります。
これは当時ライバルであったインプレッサが5ドアハッチバックモデルを持っていたことから、それに対抗する意味で作られたものです。

 

ギャランフォルティスとギャランフォルティス スポーツバックの違いは基本的にはトランクかハッチなのかといった部分だけでそれ以外は両車とも全く同じといっていいでしょう。
エンジンも1.8リッターNAエンジン、2リッターNAエンジン、2リッターターボエンジンのバリエーションとなります。
グレード構成に関してはセダンモデルにあるエクシードグレード、スーパーエクシードグレードがスポーツバックには設定されておらず、その代わりにツーリンググレードが用意されていて、ツーリング、スポーツ、ラリーアートの3グレード構成となっています。

 

このモデルはセダンモデルのギャランフォルティスと同様にあまり売れないモデルでした。
2008年から2015年に生産終了まで7年間1モデルだけのものとなります。
新車市場であまり売れなかったので、現在の中古車市場にもほとんどありません。
中古車を買う側から見てもその車を探すこと自体がかなり大変で自分の好きなボディカラー、グレードを追求してしまうとなかなか見つけることができないでしょう。

 

中古車市場での価値ですが、台数が少ないからといって必ずしも価値が高いわけではなく、いわゆる不人気車ですから中古車市場でもほとんど需要がなく、ある意味でバランスが取れているので一般的な相場で落ち着いています。

 

10万キロとなるものはだいたい3年落ちぐらいから出始めますのでそこから見ていきますと3年落ちで120万円ぐらい5年落ちで75万円ぐらいとなるでしょう。
ただこの金額は車両価格が一番高くグレード的にも最上級グレードとなるラリーアートグレードの金額です。
ラリーアートグレードは唯一のターボエンジンモデルとなりますのでそれだけ価値が高いのでこういった金額が出るわけです。
これがツーリングとかスポーツといったグレードの低いものとなりますと3年落ちで80万円ぐらい5年落ちで50万円ぐらいにまで下がってしまいます。

 

この車はスポーティーなイメージがありますが、あくまでも大衆車ですので売るならやはり一般の買取店がいいでしょう。