ランサーエボリューションワゴン10万キロ買取相場

MENU

ランサーエボリューションワゴン10万キロ買取相場

三菱ランサーエボリューションワゴン10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜80万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのランサーエボリューションワゴンでも高く買取してもらうには?

 

三菱のランサーエボリューションといえばWRCに参戦するために作られたモデルで、セダンボディに派手なエアロパーツが印象的な車ですが、ランサーエボリューションにはセダンモデル以外にもステーションワゴンも用意されていました。
それがランサーエボリューションワゴンです。

 

このモデルはちょうどランサーエボリューションIXが発売された後すぐに発売されたもので、ランサーエボリューションIXをベースに特徴的なリヤ周りのみをランサーワゴンのものに交換した形で作られています。
エンジンから何まで基本はランサーエボリューションIXと同じですのでステーションワゴンとしてはかなり動力性能、走行性能に優れており、国産の中で一番過激なステーションワゴンといっていいでしょう。

 

発売された時は誰が買うのか?などといわれていましたが実際に発売されるとセダンモデルでは実用性が足りないがランサーエボリューションの過激な走りが欲しいという方に大人気となりどんどん売れていきました。
更にあろうことかこのランサーエボリューションワゴンを使ってモータースポーツに参戦するチームがあったため、その影響によってセダンモデルと同様にチューニングベース車両として使われるようになり、更なるに人気を得ていました。

 

中古車市場でも同じように人気がかなりありますが、ステーションワゴンというスポーツモデルとしては特殊なボディを持っていることから、セダンモデルのように誰でも買えるといったものではなく、それなりの理由があってステーションワゴンのランサーエボリューションワゴンを選ぶ方だけといった需要であるため、標準モデルのランサーエボリューションIXよりは需要が低くなります。

 

しかし、このモデルもセダンモデル同様に台数限定発売とされているため、当時新車として購入できた方も限定されていましたし、それが中古車市場に入ってくるのも限定がされているので、比較的台数が少ないことから価値は上がります。
そして当然ですがランサーエボリューションシリーズということでスポーツモデルに似た需要もありますので、一般のハイパワーステーションワゴンモデルよりは価値が高く、買取においてもそこそこの値がつきます。
ただ10万キロとなるとステーションワゴンとしてもそうですが、いろいろといじられていることが多い車ですので場合によっては劣化が激しく、買取金額が減額されてしまうこともあるようです。
このモデルは2005年の9月に発売されたものですので2005年式10万キロ走行のものでだいたい80万円ぐらいで買い取られることになるでしょう。

 

この車はステーションワゴンモデルですが、スポーツモデルとしても扱われているのでスポーツモデル専門店といった中古車販売店でも喜んで買い取ってくれるでしょう。
こういうところであれば、一般的な買取店より高く買取ってくれますので、売る際には査定を受けておいた方がいいと思います。