ランサーエボリューションIX10万キロ買取相場

MENU

ランサーエボリューションIX10万キロ買取相場

三菱ランサーエボリューションIX10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜180万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのランサーエボリューションIXでも高く買取してもらうには?

 

ランサーエボリューションIXはランサーエボリューションシリーズの第三世代に発売されたモデルです。
第一世代はCD系ランサーをベースにして作られたエボI、エボII、エボIII、第二世代はCM系ランサーをベースにして作られたエボIV、エボV、エボVI、そして第三世代はCS系ランサーセディアをベースにして作られたエボVII、エボVIII、エボIXとなり、ランサーエボリューションIXは第三世代の最後のモデルとなるわけです。

 

厳密に言えばこのモデルのあとにランサーエボリューションIX MRというモデルが発売され、それが本当の意味での最終モデルとなるわけですが、ランサーエボリューションIX MRはランサーエボリューションIXの改良モデルですのでモデル単位でいえば同じとなります。

 

このモデルは2005年3月に台数限定で発売されました。
先代モデルとなるランサーエボリューションVIIIとはベース車両が同じですので、基本的に同じ車といっていいのですが、ターボチャージャーのコンプレッサー側のブレードの材質がまぐ根氏有無合金になったことと連続可変バルブタイミング機構であるMIVECが搭載されたことが大きな違いとなります。
このモデルではMIVECを吸気側だけにつけ、吸気バルブの開閉のタイミングを変化させるようになっているのですが、これによって最大トルクの発生回転数をひくくすることがができ、タイトなコーナーリングや街乗りでの扱いがしやすくなりました。

 

このモデルも他のランサーエボリューションシリーズと同様に中古車市場で人気があるのですが、ランサーエボリューションシリーズの特徴である台数の少なさがあるため、価値としては更に高くなります。
買取金額も平均して高くなっており、10万キロ走行のものでも最大180万円ぐらいで買い取られることがあります。

 

ただ、この金額は一般的な買取店で売却した時の金額です。
実は売る場所を変えることでもっと高く売ることができるのです。

 

例えば、全くノーマル状態だったとしましょう、この場合の最適な売り場所はスポーツモデル専門店とか競技車両を扱うところがいいでしょう。
ノーマル状態でも十分パワーのあるランサーエボリューションIXならば、このまま乗り続ける方もいますし、競技車両として購入する場合も下手に手が入っているのではなく、ノーマルの方が扱いやすいのでこういったところで授与が生まれます。
逆にチューニングがある程度されているものはスポーツモデル専門店の他にチューニングカーを取り扱う店舗がいいでしょう。
チューニングカーを取り扱うところは付けられているパーツ、手が入れられている内容にも価値がつき、例えばECUが交換されているから金額アップとか、マフラーが交換されているから金額アップといった形になります。

 

それとランサーエボリューションシリーズだけを扱うといった店舗もありますのでそういったところが近くにあるのであれば、そこに持ち込むのもいいかと思われます。