ランサーエボリューションX10万キロ買取相場

MENU

ランサーエボリューションX10万キロ買取相場

三菱ランサーエボリューションX10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜320万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのランサーエボリューションXでも高く買取してもらうには?

 

三菱が世界ラリー選手権に出場するためにランサーをベースに作ったホロモゲマシンがランサーエボリューションシリーズです。

 

ランサーエボリューションシリーズは1992年に発売されてから2016年まで発売されていました。
初代モデルから9代目モデルとなるえぼIXまでは当初のコンセプトどおりにあくまでもランサーベースのホロモゲモデルとして特別仕様車という形で販売されていたのですが、三菱の業績の悪化からWRC参戦を撤退したことでランサーエボリューションの存在する意味がなくなってしまいました。

 

しかし、当初から優れた動力性能、走行性能、チューニングのしやすさなどからスポーツモデルファンに人気が高い車でもありましたし、ちょうどランサーのモデルチェンジ時期と重なったため、ランサーエボリューションシリーズを特別仕様車として発売するのではなく、カタログモデルとして販売するようにしたのです。
それが10代目ランサーエボリューションとなるランサーエボリューションXです。

 

このモデルではそれまでのように走行面だけを追求するだけでなく、三菱のフラッグシップモデルとしての性能も持たなければならないので、いろいろな装備が付けられてしまい、重量がかさんでしまったというスポーツモデルとしてはデメリットとなる一面がありますが、エンジンが新しくなったり、トランスミッションにツインクラッチSSTといういわゆるDCTを搭載したモデルを用意するなどメリットもありました。

 

ただ、当時まだ色濃く残っていた三菱ふそうのリコール隠しの影響や燃費で車の良し悪しを見る傾向があったことからスポーツモデル全体の売れ行きが悪く、このモデルもその影響を受けて、本当にスポーツモデルが好きなに人間にしか受け入れられないものとなってしまい、販売台数も伸び悩んでしまったのです。

 

発売されていた当時の新車市場がこんな感じでした。
しかし、中古車市場は違います。
中古車となって買いやすい価格となったことからスポーツモデルを欲しがる若年層がこぞって買うようになり、需要としてはかなり高いものとなっていますが、先ほども言いました通り新車としてあまり売れなかったことから中古車市場に入ってくる台数が圧倒的に少ないので、供給が少なく需要が多い状態となってしまい、中古車市場ので価値がかなり高まっています。

 

10万キロを走ったものでもそれはおなじで3年落ちで320万円ぐらい5年落ちで280万円ぐらいとかなりの金額になります。
2007年式で10万キロ走ったものでもいまだに150万円以上で買い取られているぐらいですので、相当価値が高い車といっていいでしょう。

 

こういう車は一般の買取店で売却してもそこそこいい金額になりますが、高い金額を目指すのであればやはりスポーツモデル専門店とか、あるいはチューニングベース車両としても人気があるのでチューニングカー専門店、そして国内のモータースポーツにも使われているので競技車両を扱うところで売るのがいいでしょう。