ウイングロード10万キロ買取相場

MENU

ウイングロード10万キロ買取相場

日産ウイングロード10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜70万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのウイングロードでも高く買取してもらうには?

 

日産のラインナップの中で唯一ステーションワゴン専用モデルとして発売されているモデルがこのウイングロードです。
日本では古くからセダンモデルの派生型としてステーションワゴンが作られてきており、過去にはセドリック・グロリアのステーションワゴン、スカイラインのステーションワゴン、ブルーバードのステーションワゴンといったモデルが作られていて、セダンモデルがあればステーションワゴンモデルもあるといった感じだったのです。

 

しかし、景気が悪くなり、日産も余計な車を作らなくしたことから各モデルにステーションワゴンモデルを作るのではなく、ステーションワゴン専用のモデルを一つだけ残す形で販売することにしたのです。
それがこのウイングロードであって、もともとはサニーのステーションワゴンモデルでした。

 

ステーションワゴンモデルにつきものなのが商用車としてのライトバンです。
サニーのステーションワゴン時代にすでにADバンというライトバンが作られていたので、ウイングロードになってもADバンと同じ車体を使うことになり、ワゴンはウイングロード、ライトバンはADバンといった兄弟車として作られるようになりました。
残念ながらそういった作り方がこのモデルの1つの欠点となっています。
この欠点以外にも国産車でステーションワゴンとなるとほとんどの方がスバルのレガシィシリーズやレヴォーグなどといったモデルを買う方が多いというものがありますが、やはり乗用車して作られているウイングロードがライトバンと同時形のボディを持つということはあまり好まれません。

 

それでも過去にはそういった車があったので昔を知る方であれば、それ程抵抗はないかと思いますが、レガシィツーリングワゴンが出てからのステーションワゴンしか知らない方ですとやはり嫌がる方が多いのです。

 

これらの理由からこのモデルの需要はかなり低いものとなっています。
その証拠に現行モデルは当初1.8リッターエンジンモデルと1.5リッターエンジンモデルの2つのエンジンバリエーションがあったのですが、あまりにも売れないため1.5リッターエンジンモデルだけにしたぐらいです。
それだけこの車は売れていないのです。

 

新車市場で売れていない車が中古車市場で大ヒットになるというのは稀です、特にステーションワゴンではまずないでしょう。
そのため中古車としての価値は低く、買取店での買取金額もあまり高くありません。
10万キロなどもってのほかでかなり安い金額になるのが必至、具体的な金額を1.5リッターエンジンモデルで見ると3年落ちで48万円ぐらい5年落ちで26万円ぐらいとなります。
ドレスアップモデルのライダーですと若干高くなりますがそれでも3年落ちで70万円ぐらい5年落ちで43万円ぐらいが買取店での限界といえるでしょう。

 

この金額を高くする方法ですがこれは非常に厳しいことで、売る前になってないかをしても全く影響ありませんし、特別な需要もないわけですので、残る方法とすれば一括査定サイトなどを利用して、複数社の買取店を比べるぐらいでしょう。