ノート10万キロ買取相場

MENU

ノート10万キロ買取相場

日産ノート10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜40万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのノートでも高く買取してもらうには?

 

ノートは日産のコンパクトカーです。
日産のコンパクトカーにはノートの他にマーチやキューブ、ジュークといったモデルがありますがノートはその中でも高級コンパクトカーに位置するモデルです。

 

とはいっても所詮はコンパクトカー、目を見張るようなものはなく、多少マーチやキューブなどより装備がいいといった程度のものです。
しかし、この車は昨今大注目されています。

 

注目されている理由は、ノートe-POWERの存在です。
ノートe-POWERはシリーズハイブリッドシステムを搭載したモデルで、日産が積極的に開発を進めているEV技術を活用した車です。
プリウスなどのいわゆる一般的なハイブリッドシステムというのは、パラレル型と呼ばれるもので、電気モーターでの走行とエンジンでの走行をうまく切り替えながら走るものですが、ノートe-POWERに搭載されているシリーズハイブリッドシステムというのは走るのは電気モーターだけで、エンジンでは走らないのです。
ではエンジンは何をするのかというとハイブリッドシステム用バッテリーに充電するための発電機として機能しているだけなのです。
発電機として使うには1.2リッターというエンジンは大きすぎるように感じますがこれはバッテリー容量が小さく消費電力が大きいため、発電量を大きくすることからここまで大きなエンジンが必要になるのです。

 

バッテリーがもっと大きく、消費電力を少なくすることができれば、エンジンをもっと小さくすることができ、それこそ軽自動車のエンジンで十分な発電量となるのですが、現時点ではそこまで開発できていないようです。

 

ただそれでも走るのは電気モーターのみということで相当話題になり、ノートe-POWERが発売された当時はかなりのバックオーダーを抱えるほどの人気となっていました。

 

これによってe-POWERモデルでないモデルも注目を浴びることになり、新車市場はもちろんのこと、中古車市場でもなかなかの人気を博しているようです。
買取金額も一時の低水準からノートe-POWERの発売によって高くなってきており、10万キロのものも同様に買取金額が高くなっています。
3年落ちで40万円ぐらい5年落ちで15万円ぐらいとコンパクトカーの過走行車としては高い金額となります。
ただ、10万キロのものでもモデルが先代モデルとなると一気に安くなります。

 

ノートは現行モデルが2代目モデルで、モデルチェンジを行ったのは2012年のこととなりますが、高値で買い取られるのが現行モデルのみ、年式でいうと2012年式の夏以降のモデルだけで、それよりも古い年式のものは10万キロも走ってしまうと50000円以下となってしまいます。
先代モデルははっきり言って現在の中古車市場ではほとんど価値のない車となってしまっているので、10慢キロに達していないものであっても10慢円まで行くか行かないかといったぐらいの価値しかありません。

 

この車を高く買取ってくれるのは、やはり一般の買取店でしょう。
コンパクトカーはまさに大衆車以外の何物でもありませんので、大衆車を得意とする普通の買取店が一番高くなることでしょう。