フェアレディZ10万キロ買取相場

MENU

フェアレディZ10万キロ買取相場

日産フェアレディZ10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜190万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのフェアレディZでも高く買取してもらうには?

 

現在日本では空前のスポーツモデルが売れない時期に突入しています。
その最大の原因がエコブームとそれに乗った自動車メーカーのやり方です。

 

エコブームによって悪者にされる自動車界では低燃費と低排出ガス量を目指すために動力性能より燃費性能、高回転よりもエンジン停止を求めるようになり、その正反対の性質を持つスポーツモデルを作りたがらなくなり、それまで作られてきたモデルも生産終了としてしまったためにスポーツモデルを買いたい人がいても買えない、それによってスポーツモデルの売り上げが悪くなっていると誤解される、そしてまた更に生産終了となるという負のスパイラルに陥っているわけです。

 

しかし、そういった中でも一部のスポーツモデルを売り続けている自動車メーカーがあります、それが日産です。
日産では過去からいろいろなスポールモデルを作って販売してきましたが歴史的にも需要なフェアレディZや全く違う車となってしまいましたがかろうじて名前が残されているGT-Rという2つのスポーツモデルが販売されています。
どちらも世界戦略車として販売している関係上、作り続けられているだけに過ぎないのですが、トヨタのように海外では売って国内では売らないということしないだけまだましです。

 

この2台の中で一般の方が気軽に買うことができるスポーツモデルとして売られているのがフェアレディZです。
現在発売されているのは6代目となるZ34型でルノー日産になってから2つ目のモデルとなります。
このモデルは燃費を考えてかNAエンジンが搭載されています。
3.7リッターという大排気量と最大で355psというパワーを持つのはいいのですが、280ps時代のZ32よりも売れ行きがよくありません。
もちろんスポーツモデルが売れない時代であるということもあるのですが、売れない最大の理由がNAエンジンだからです。
スポーツモデルに乗る人間というのはノーマル状態で乗る方はほとんどおらず、パワーアップしたり足回りをいじったりするものです。
そういった中でNAエンジンというのはパワーアップしにくいエンジンで、ターボエンジンのようにわずかな費用で簡単に50psものパワーアップをすることができないのです。
これなら2リッターターボエンジンを搭載しているランサーエボリューションシリーズやインプレッサWRXシリーズ、WRX STIの方が魅力的に見えるわけです。

 

これによって数少ないスポーツモデルの中でも販売台数が延びることもなく、中古車市場でも人気になることもありません。
当然ですが買取金額も思ったほど高くなく、10万キロのものともなると3年落ちで190万円ぐらい、5年落ちで140万円ぐらいにまで下がってしまいます。

 

このモデルを高く売りたいならやはり一般の買取店ではなくスポーツモデル専門店がいいでしょう。
こういったところであればノーマルでも高くなりますが、チューンしたりドレスアップしたところもきちんと評価されますので、そういったモデルでしたらより一層高い金額になることでしょう。