3シリーズ10万キロ買取相場

MENU

3シリーズ10万キロ買取相場

BMW3シリーズ10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜280万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロの3シリーズでも高く買取してもらうには?

 

BMWの古くからあるセダンシリーズの中で一番車格が下となるモデルがこの3シリーズです。
3シリーズは、スーパーカーブームの時に有名となった2002シリーズの流れをくむモデルで、初代モデルは1975年に発売されました。
現在発売されているのは2012年のモデルチェンジで発売されたF30型と呼ばれる6代目モデルです。

 

日本がバブル景気に沸いていた時代では、大ヒットモデルとなり奥様用車とか若年層用の車として爆発的に売れていたのを覚えています。
現在ではそういったことはなく、車格が上がったのも手伝って高級輸入車としてお金持ちに買われるだけとなっていますが、BMWのモデルとしては比較的安い部類の車で500万円もあれば買うことができますので、自動車ローンを使って無理して買う方も多いらしいです。
本国ドイツでは日本におけるカローラと同じような扱いを受けている車ですが、日本の一部の方にとってはきっと憧れの車なのでしょう。

 

新車市場でそこそこ売れているので中古車市場にもそれなりの台数が入ってきています。
輸入車は、「中古車なら買える」といった需要形態があるため、国産車以上に中古車需要も高まります。
需要が多いということはそれだけ中古車としての価値も上がることになるわけですので、10万キロ走行のものもかなり期待できそうです。

 

実際の買取店での買取金額ですが、3シリーズも同じ3シリーズでもエンジンや装備などでピンからキリまでとなります。
現行型のF30においても1.5リッター直列3気筒ターボエンジンの318iから3リッター直列6気筒ターボエンジンを搭載した340iまであります。
もちろん新車価格もピンからキリまでで約490万円から約840万円とまるで国産の中型モデルと大型高級モデルを一つにしたかのようです。

 

ここまで基本的な価値の違いあるのでは、10万キロ走行の買取金額といっても一概にいくらとは言えません。
3シリーズの中で廉価グレードとなる318iと上級グレードとなる340iでいうと、318iが3年落ちで150万円ぐらい5年落ちで100万円ぐらい、340iが3年落ちで280万円ぐらい5年落ちで200万円ぐらいとなります。

 

買取金額をもっと高くしたいのであれば、一般の買取店ではなく、やはり輸入車専門店で売った方がいいでしょう。
だいたいそういったところは買取だけでなく、中古車販売も行っているので、必ず店先に販売する中古車が止まっているはずです。
その車を見て、BMWが置かれているかどうかを確認してたくさん置かれているのであれば安心して査定を受けてもいいでしょう。
稀に輸入車専門店といってもアメリカ車しか取り扱っていない場合がありますので、そういったところに持ち込んでしまうとBMWの良さもわかってもらえないので、買取金額が高くなることはありません。
BMWを売るのであれば、BMWの魅力がわかるところ、ドイツ車を売るならドイツ車の知識があるところで売りましょう。