5シリーズグランツーリスモ10万キロ買取相場

MENU

5シリーズグランツーリスモ10万キロ買取相場

BMW5シリーズグランツーリスモ10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜350万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロの5シリーズグランツーリスモでも高く買取してもらうには?

 

BMWが発売するセダンモデルの中で中間的な位置にいるのが5シリーズですが、その5シリーズの派生モデルとして作られているのが5シリーズグランツーリスモです。

 

5シリーズにはセダンモデルの他に、ステーションワゴンモデルのツーリングがありますが、更にもう一つ追加されたのがグランツーリスモなのです。
グランツーリスモは他のシリーズにも存在しますが、BMWでいうところの5ドアハッチバックモデルを指します。
ツーリングがステーションワゴン、グランツーリスモが5ドアハッチバックといった感じでBMW全モデルで共通となるサブネームが付けられているわけです。

 

5ドアハッチバックというと日本ではすでにおなじみボディ形状です。
軽自動車やコンパクトカー、クロスオーバーSUVなどでよく使われていることから、いま日本で一番多く走っているボディ形状といっていいでしょう。
しかしです、そういった車というのは非常に身近な車であって価格も安くボディサイズも小さいものばかり、実は日本人は5ドアハッチバックというと必ずこういった車を想像することになり、5シリーズの5ドアハッチバックモデルといってもあまりピンとこないのです。

 

5シリーズというと必ずセダンモデルを思い浮かべるのが日本人で、ハッチバックというとフィットのような小さな車を想像することから、大型セダンベースの5ドアハッチバックモデルといってもどうやって使っていいのか、それがいいのか悪いのかすら判断できな方がほとんどなのです。

 

こういったことから日本では大型セダンから作ったハッチバックモデルであるグランツーリスモは売れません。
それは新車市場でも中古車市場でもです。
もちろん新車が売れていないので中古車市場に入ってくる台数も少ないので、低需要・低供給で安定しているといえます。

 

価値としては新車販売価格が非常に高いので、人気がないからといって安くなるわけではなく、むしろ高い金額で取引されており、10万キロ走行のものも同じです。
10万キロ走行のものの買取金額は、3年落ちの528iグランツーリスモで310万円ぐらい、5年落ちの535iグランツーリスモで190万円ぐらい、最上級モデルとなる550iグランツーリスモで3年落ちで350万円ぐらい5年落ちで250万円ぐらいとなります
需要がセダンモデルと比べて圧倒的少ないので買取金額も安くなりますが、それでも高いもので300万円ぐらいで買い取られるのであれば十分でしょう。
売る場所は買取店ではなく、輸入車専門店やBMWを専門とする中古車販売店で売るといいでしょう。
実はどのシリーズでもグランツーリスモモデルは台数が少なく希少性が高いので、一般の中古車販売店に並ぶことがすくないため、グランツーリスモが欲しいという方があえて輸入車専門店とかBMW専門店といった中古車販売店に買いに来ることが多いことからもより一層高い価値を持つことになり、買取金額も跳ね上がることでしょう。