MINI10万キロ買取相場

MENU

MINI10万キロ買取相場

BMWMINI10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜130万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのMINIでも高く買取してもらうには?

 

MINIといってもイギリスの国民車であるMINIではなく、BMWに買い取られた後のいわゆるBMW MINIです。
イギリス製であったものはローバーMINIと呼ばれ、このBMW MINIとは別の車として見ることになります。

 

BMW MINIになってからというものもほとんどMINIではなく、Largeと呼ぶにふさわしいほどどんどん巨大化しています。
それが昔からのMINIを知っている人間からすると気に入らないようで、MINIといえばローバーミニのこと、BMW製のMINIはMINIではなく、BMW MINIという全く別のモデルとして扱うのが当然のこととなっています。

 

しかし、世の中の大半の方はMINIがドイツ製であることを知りません。
今でもMINIといえばルーフに大きなユニオンジャックを描いた小さな車を思い描くことになり、誤った認識の中で売買がされていることになるわけです。
この車を買ってから「ドイツ製だったの?」と気が付く方も多いようで、それによって売りに出してしまう方もいるそうです。

 

それから逆にドイツ製のBMWのモデルと知っている方もBMWの車だ、ドイツの輸入車だということ車の評価のハードルを上げてしまうことですぐに売りに出してしまうこともあります。
特に動力性能、BMWの車といえばパワーのあるエンジンが搭載されていることが多いのですが、それと同じようにこのBMW MINIにもそういったエンジンが搭載されていると思いこんでしまうようで、車のパワー求めることになります。
しかし、実際にはワンで100ps前後、これは国産車の大衆コンパクトカーレベルのパワー、中心的なモデルとなるクーパーで140ps、これは中型ミニバンと同じレベルのパワー、一番パワフルなジョンクーパーワークスでも230ps程度と国産の2リッターターボエンジンを搭載しているモデルよりはるかにパワーがないのです。

 

輸入車だからといって必ずしも国産車よりすべてが優れているわけではないのですが、そういった知識を持たないで買ってしまうと後で後悔することになり、早々に売りに出す羽目にあってしまうわけです。
それ以外にもいろいろな理由があるのですが、とにかくこのBMW MINIというモデルは中古車市場に入ってくる時期が早く、それを繰り返すサイクルも短くなります。

 

そのため、価値としてはかなり低く、状態や条件が相当よくない限り、高い価値を持つことはありません。
特に電気系の故障が多いBMW MINIですので、走行距離が10万キロも進んでしまうとあちこちにトラブルが出ている可能性が高まりますから、価値はぐっと下がります。

 

国内で標準的なモデルとされているクーパーを例にして買取金額を見てみると3年落ちで130万円ぐらい5年落ちで80万円ぐらいとなります。
高くなりそうな売り先はやはり輸入車専門店がいいでしょう、ただし輸入車専門店でもMINIを専門としているところの多くはBMW MINIではなく、ローバーMINIを扱うところですから、査定をしてもかなり安く額にしかならないでしょう。