X310万キロ買取相場

MENU

X310万キロ買取相場

BMWX310万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜280万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのX3でも高く買取してもらうには?

 

プリウスを使ってC-HRを、カムリを使ってハリアーを、デミオを使ってCX-3を、アテンザを使ってCX-5といった形で本来はオンロード向けの普通の乗用車であるものに車高が上がるサスペンションとそれっぽく見えるアクセサリーパーツをつけただけで簡単に作られたクロスオーバーSUVが日本にもたくさん売られていますが、ドイツの名門BMWにおいてもそういっていわゆる手抜きによる車作りがされているようです。

 

それがBMWのXシリーズ、BMWではクロスオーバーSUVシリーズに「X」を用いており、このX3もその1台で、名前が示すように3シリーズを転用して作ったクロスオーバーSUVとなります。
このモデルは2004年に初代モデルが発売されて以来、2011年にモデルチェンジを行ったことで現在2代目モデルが販売されている形となっています。
初代モデルは3シリーズのE46型ベース、現行モデルはF30型がベースとなっており、それぞれのベースモデルを専用サスペンションと専用ボディなどを用いてセダンからクロスオーバーSUVに作り替えられたもので、走行性能的にはセダンモデルとあまり違いはありません。

 

ドイツも道路整備が整っている国ですが、日本よりは未舗装路が多く、オフロード走行を強いられることも多いかと思われますが、クロスオーバーSUVを1台作るのにも莫大な費用が掛かるため、どうしても「既存車種の転用」という手段を使わなければならないのです。
はっきりいってX3はオフロードを元気よく走るような車ではなく、日本の国産車のようにクロスオーバーSUVの雰囲気を楽しみながら4WDシステムなど一切機能しない舗装路の上を走ることが得意な車といっていいでしょう。

 

ただこれは日本人が求めるクロスオーバーSUV像と同じといえますので、車としてはよく売れています。
3シリーズベースですのでサイズ的にもあまり大きくありませんし、エンジンバリエーションも2リッターから3リッター、ディーゼルエンジンまでありますので、燃費や燃料費を気にする日本人でも比較的買いやすいパッケージが揃っているからなのでしょう。

 

新車以上に需要が高まっているのが中古車市場です。
3シリーズベースといっても安いグレードでも650万円もしますので、新車ではなかなか買えないという方が中古車販売店に来るといった中古車本来の目的で買われることが多いので、新車市場より潜在的な需要は高くなります。
逆に供給面は少なめ、これはどうしても仕方がないことで、価格が高い車で相変わらずいろいろなトラブルが出やすい傾向がある中では新車を買うことに踏ん切りがつかない方もいることから、ゆにゅ者としてはそこそこ売れていますが絶対的な数からすれば少ないので、買う人にとって見れば気に入ったものを探すのに少し苦労するかもしれません。

 

ただ、これは売る側にとってみればラッキーな話で、そこそこ需要があって台数が少ないということはそれだけ求められていて、それだけ買取金額が高くなるということに繋がります。
それは10万キロのものも同じですが、いまだに故障が多いので、10万キロという機械的な負担がかかっているモデルの場合は減額も仕方ないところです。
10万キロのものをxDrive20i、xDrive28i、xDrive35iで分けてみるとxDrive20iが3年落ちで220万円ぐらい5年落ちで150万円ぐらい、xDrive28iが3年落ちで248万円ぐらい5年落ちで170万円ぐらい、xDrive35iが3年落ちで280万円ぐらい5年落ちで200万円ぐらいとなります。

 

もっと高い金額を狙うのであれば買取店ではなく、輸入車専門店がいいと思います。