Z410万キロ買取相場

MENU

Z410万キロ買取相場

BMWZ410万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜225万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのZ4でも高く買取してもらうには?

 

BMWの車というと高級4ドアセダンや最近ではXシリーズなどクロスオーバーSUVといったモデルが頭で出てくると思いますが、BMWのモデルはそれだけではありません。
このZ4のようにちょっと変わった車も作っています。

 

Z4はいわゆるライトウェイトオープンスポーツモデルで、国産車でいうところのマツダのロードスターのような車です。
軽量コンパクトなオープンボディの長いボンネットの下にBMWの定番となる直6エンジンを収め、それを後輪だけで駆動するといった車です。
このモデルは2016年に2代目となるモデルの生産を終了しており、現状では売られていない形となっていますが、中古車市場では一番最近モデルから初代モデルまですべて物が対象となっており、一番多いのは2009年から2016年まで発売されていたE89型となります。

 

2シーターですので日常使いは結構厳しいものあり、更に日本人が好まないオープンモデルですので、日本の新車市場での売れ行きはあまり良くありませんでした。
その結果、絶対的な台数が少なくなっており、出回っているものも売り出されるものも中古車販売店におかれるものもかなり少ないといっていいでしょう。

 

たた、需要に関しても実用性の無さ、オープンモデルであること、クーペモデルでも2シーターであること、日本人からすればBMWの車らしくないことからあまり高くなく、少ない供給に低い需要といった形で安定しています。

 

こういったモデルは中古車市場での価値が極端に高いか低いのかのどちらかでそれは、その車の持つ性能とか、イメージといったもので左右されます。
Z4は幸いなことにスーパーGTなどのクローズドサーキットでのモータースポーツによく使われているのでイメージがよく、それが中古車市場に影響をもたらしていることから価値は高く、買取店での買取金額もそこそこ期待できる状態となっています。
10万キロ走行のものでも3年落ちで225万円ぐらい5年落ちで150万円ぐらいの値がつきます。

 

この車を高く売るには売る場所をまず考えなければなりません。
間違っても一般の買取店で売ってはいけません。
一般の買取店は国産の大衆車を扱うところですので、輸入車でありスポーツモデルであるZ4では完全に持て余してしまいます。
売る場所はずばり、輸入車専門店かスポーツモデル専門店です。

 

それから売る時期にも気を付けます。
Z4はオープンスポーツモデルですが、オープンモデルは春先あたりから需要が高まります。
気温も高くなり、風を浴びるのも苦ではなくなる時期に乗ろうと考えるのでしょう。
中古車販売店はその時期に合わせるため、もっと前に時期からオープンモデルを積極的に仕入れようとするため、その仕入れにあわせて、2月から3月、4月あたりまでオープンモデルを好んで買い取ろうとするわけです。

 

当然ながら中古車市場での価値が上がるわけで、買取金額もわずかではありますが高くなります。